小澤家住宅 庭塀

公開日 2012年10月04日

伊勢原の指定文化財

小澤家住宅 庭塀

小澤家住宅庭塀写真
読み、登録、種別、数量、所有者、登録日一覧
よみ おざわけじゅうたく にわべい
登録 国登録有形文化財
種別 建造物
数量 1棟
所有者 小澤家
登録日 平成19年5月15日

 

 

詳細情報

小澤家住宅 庭塀の材質・構造
材質・構造 練塀(ねりべい)、瓦葺、延長約11メートル

解説

大正末期に建てられたもので、主屋南面の戸袋辺りから南方に3.7メートル、西側に折れて7.1メートル延び、座敷前の庭と主屋出入り口前の空間とを区分しています。

塀は、平瓦と練り土を交互に積み重ねた練塀という手法で造られており、上部に瓦葺きの屋根がついています。

高さは1.6メートルほどで、塀の幅は、地面付近で約72センチメートル、屋根下端で約51センチメートルと厚みがあります。

現在は、一般公開はしていません。住宅入口に解説案内板を設置しています。

お問い合わせ

教育部 教育総務課文化財係

ページのトップへ