埋蔵文化財の取扱い

公開日 2012年10月04日

文化財を保護することは、先人が残してくれた豊かな自然、伝統ある文化遺産を次の時代へと引き継ぐことであり、未来の街づくりを考えることです。しかし、日々の生活のためには、そのすべてを残しておくことはできません。そこで調査をし、記録として保存することになります。それには時間と費用がかかりますが、市教育委員会では、こうした調査の期間短縮、費用軽減にも努力をしています。

市内で土木工事等を予定している方は、早い段階でご相談いただくことが、スムーズに事業を推進するための最良の方法となります。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

お問い合わせ

教育部 教育総務課文化財係

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

ページのトップへ