山の神

公開日 2012年10月04日

歳時記 1月

山の神

17日を山の神の日といいます。山の神を祭る日で、この日は山に入らない、山仕事はしない、刃物は使わないなどの習わしがあります。

山の神を祀(まつ)るところでは、赤飯や御神酒(おみき)を供えて山仕事の安全を祈願しました。

山に祠(ほこら)がないところでは、山の入口の大きな木の下にお供えをしました。

山の神:山を守り、山をつかさどる神のこと。民間信仰では、秋の収穫後は近くの山にいて、春になると山を下って田の神になるといわれている。

お問い合わせ

教育部 教育総務課文化財係

ページのトップへ