花祭り

公開日 2012年10月04日

歳時記 4月

花祭り

この日は、釈迦の誕生日で釈迦如来(しゃかにょらい)を本尊とする寺では花祭りが行われます。

花祭りは、釈迦の誕生した時の姿を仏像にしたもののまわりに花で飾った御堂(みどう)をつくり、釈迦像の頭から甘茶をかけてお祭りをするもので、正しくは灌仏会(かんぶつえ)といいます。

このお祭りは、釈迦の誕生を喜んだ八大竜王(竜神)が甘露(かんろ)の雨を降らせたという法話からこのようなかたちで行われるようになったものです。

釈迦像にかける甘茶は、甘茶ヅル(ウリ科の多年草)の葉を乾燥させ煎じたもので、甘茶を甘露になぞらえて用います。

お問い合わせ

教育部 教育総務課文化財係

ページのトップへ