野上がり(のあがり)

公開日 2012年10月04日

 

歳時記 7月

野上がり(のあがり)

農家では、7月の田植えの後と、11月の稲の刈り入れの終わった後、それぞれ2日間程の休みをとりました。これを野上がりといいます。

野上がりの日は区長が設定し、村中に知らせました。伊勢原ではホラ貝を吹いて知らせていたようです。高部屋地区では、農協と役場で野上がりの日を決めていました。

7月の野上がりには、真田の天王さん(平塚市の真田神社、祭礼は7月第2日曜日に行われている)へ出かけたようですが、最近では、平塚駅周辺で行われている七夕祭りに出かける人が多いようです。

野上がりの日にも赤飯、餅、そば、煮しめなどをつくって神仏に供えました。また、赤飯は、田植えに手伝いに来てもらった家に配ったそうです。

お問い合わせ

教育部 教育総務課文化財係

ページのトップへ