浄発願寺縁起絵巻

公開日 2013年06月03日

伊勢原の指定文化財

浄発願寺縁起絵巻

浄発願寺縁起絵巻の写真
読み、指定、種別、数量、所有者、指定日一覧
よみ じょうほつがんじえんぎえまき
指定 市指定文化財
種別 絵画
数量 3巻
所有者 浄発願寺
指定日 昭和53年6月28日指定

 

 

詳細情報

浄発願寺縁起絵巻の幅と長さ
25センチメートル
長さ 15から16メートル

解説

浄発願寺縁起絵巻は江戸時代の作で、浄発願寺を開いた弾誓上人(たんせいしょうにん)の誕生から亡くなるまでを、絵と仮名まじりの文で描いたものです。作者は不明ですが、小田原狩野派画家の筆といわれています。

浄発願寺は徳川将軍家、尾張徳川家、藤堂、佐竹、大久保、黒田、有馬、織田などの諸大名や公家から信仰を集めており、この絵巻物はこれらいずれかの諸大名からの寄進と考えられます。市内に残る絵巻類の中でも特に優れた作品です。

現在は、一般公開していません。

 

お問い合わせ

教育部 教育総務課文化財係

ページのトップへ