山口家住宅 離れ

公開日 2013年10月15日

伊勢原の指定文化財

山口家住宅 離れ

読み、登録、種別、数量、所有者、登録日一覧
よみ やまぐちけじゅうたく 離れ
登録 国登録有形文化財
種別 建造物
数量 1棟
所有者 山口家
登録日 平成10年9月2日
 

詳細情報

山口家住宅 離れの構造・規模
構造 木造平屋建、鉄板葺
規模 建築面積96平方メートル

解説

明治初頭に主屋の北側に増築され、奥には2階建ての土蔵が建てられています。

間取りは8畳と6畳の二間からなり、三方に縁側が廻(まわ)っています。屋根の構造は寄棟造(よせむねづくり)で、波形鉄板葺(なみがたてっぱんぶき)です。

この部屋は、宮家をもてなすための特別な部屋であったと伝えられています。

住宅入口に解説案内板を設置しています。

波形鉄板葺き:波形の鉄板を合わせて葺いたもの

お問い合わせ

教育部 教育総務課文化財係

ページのトップへ