大山寺縁起 上巻 第4段

公開日 2015年04月13日

金色の鷲が稚児を抱えて飛び去る場面

上巻4

ところが、生まれて70日目に乳母が若君を抱いて花園に出ていると、金色の鷲が飛んできて、男の子をつかみ飛び去ってしまいました。夫妻は嘆き悲しみ、八方手を尽くして男の子を尋ね求めましたが、その行方は杳として知れませんでした。

ページのトップへ