大山寺縁起 上巻 第9段 

公開日 2015年04月13日

金鷲童子が剃髪(出家)する場面

上巻9

勅使が童子の意志を天皇に伝えると、天皇は大変喜び、大急ぎで童子を召し上げ、「今まで自分も大願はあるものの、適切な仏教の師匠に恵まれなかった。今後はおまえを師匠とし、その仏弟子となる」と告げました。これを受けて童子は出家して良弁と改名しました。良弁は時の権威といい、仏道修行といい、いずれも世に秀でていたので、東大寺を建立し、その別当となりました。華厳宗の確立はこの時点から始まります。

ページのトップへ