大山寺縁起 上巻 第10段 

公開日 2015年04月13日

時忠夫妻が子どもを捜し求めて山野に臥し谷間を捜索する場面

上巻10

一方、長い間愛し子を捜し求めていた時忠夫妻は、住み慣れた家や財宝を捨て、郎党とも別れて子どもを捜す旅に出ました。その旅は、昼は草の葉の露をなめ、夜は岩を枕とし、苔を敷いて寝るといったとても苦しいものでした。何年も各地を捜し回り我が子に会えないことを嘆いていました。

ページのトップへ