大山寺縁起 上巻 第1段

公開日 2015年04月13日

時忠自ら如意輪観音像を造立し、時忠夫妻がその像を礼拝する場面

上巻1

昔、相模国に太郎大夫時忠という国司がいました。時忠は信仰心の厚い人でしたが、40歳を過ぎても子どもがなかったため、如意輪観音像を造立して、妻とともに、一心に祈りました。

ページのトップへ