高部屋神社の本殿と拝殿及び弊殿が国の登録有形文化財へ登録されました

公開日 2016年03月23日

 
高部屋神社本殿の写真
高部屋神社 本殿
高部屋神社拝殿及び弊殿の写真
高部屋神社 拝殿と弊殿

下糟屋にある高部屋神社の本殿と拝殿及び弊殿が平成28年2月25日付けで国の登録有形文化財へ登録されました。

高部屋神社は、旧下糟屋村の鎮守で、平安時代に編さんされた『延喜式神明帳』にその名が記され、南北朝時代の1386年に奉納された釣り鐘が県指定重要文化財に指定されるなど、市内でも由緒ある神社です。

本殿は、正面の柱間が五つある五間社流造という格式の高い構造で、県内では国指定重要文化財の鶴岡八幡宮若宮社殿(鎌倉市)、箱根神社本殿(箱根町)、六所神社本殿(大磯町)といった名だたる神社にしか見られません。関東大震災により倒壊したものを昭和4年に再建したとされ、その際に古い形式を重んじて倒壊前の部材を再利用したことが特徴です。

拝殿及び幣殿は、江戸時代の慶応元年(1865)の建立で、正面の柱には龍の彫物が巻き付き、軒下には亀に出会う浦島太郎、その上には竜宮城と乙姫が彫り込まれています。平成24年には屋根工事が行われ、従来どおりの茅葺きに葺き替えられました。市内では唯一、県内でも貴重な茅葺き屋根の社殿となっています。
 

詳しい説明は、市内の指定文化財をご覧ください。

 

 

 

ページのトップへ