大型家電店前の電線について(20代男性・学生)

公開日 2012年04月13日

最終更新日 2015年01月08日

【提案内容】

駅南口の大型家電店前の電線にいつも鳥がとまっていて、その下の歩道が鳥の糞で常時汚れています。電線が市の所有物でないのはわかるのですが、何かしらの対策はできないのでしょうか?

【市回答・平成24年2月】

大型家電店前の糞害対策としては、平成22年1月に東京電力へ協力を要請し、鳥が止まれなくなるよう、テグス(ナイロン製の糸)を電線上に設置する工事を実施しました。また、平成23年5月にはNTT東日本へ協力を要請、東京電力と同様の対策を講じました。しかし、当該電線に止まりに来るムクドリやセキレイなどの小さな鳥に対する効果は低く、状況の改善は見られませんでした。

野鳥については「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」によって原則保護することが定められています。捕獲や駆除などは、人や農作物への多大な被害があるなどの場合に限定的に許可されるものであり、原則的には行えないこととなっています。また現実的に人の多く集まる駅前などで捕獲や駆除などを行うのは非常に困難です。

電線をねぐらとする野鳥の対策については、抜本的な解決方法がなく、全国的に苦慮している状況です。今後も東京電力やNTT東日本と調整し、効果的な対策について検討していきます。

お問い合わせ

市民生活部 人権・広聴相談課広聴相談係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:1125・1126・1163)
FAX:0463-92-9009