土砂災害警戒区域を見る(土砂災害ハザードマップ)

公開日 2012年06月01日

最終更新日 2015年10月16日

土砂災害(特別)警戒区域とは

土砂災害防止法は、土砂災害(がけ崩れ、土石流、地すべり)から国民の生命・身体を守るために、土砂災害が発生するおそれがある区域を明らかにし、危険の周知、警戒避難体制の整備、一定の開発制限による住宅等の立地抑制などのソフト対策を推進するための法律です。

土砂災害警戒区域は、土砂災害が発生した場合に、住民等の生命・身体に危害が生じるおそれのある区域であり、土砂災害防止法に基づき、県知事が基礎調査を実施した後、指定を行います。警戒区域に指定されると、市では、危険の周知や警戒避難体制の整備などに取り組みます。

また、土砂災害特別警戒区域は、土砂災害が発生した場合に、建築物に損壊が生じ、住民等の生命・身体に著しい危害が生じるおそれのある区域です。このため、特別警戒区域内では、県により特定開発行為や建築物の構造などの規制なども行われます。

市内には、「土石流」と「がけ崩れ」の危険箇所があるとされており、平成20年から22年にかけて、高部屋地区(日向川流域)、大山地区(鈴川流域)、比々多地区(栗原川流域)で、それぞれ「土石流」にかかる土砂災害(特別)警戒区域の指定がなされています。

市内の土砂災害警戒区域等[土石流]指定状況一覧
  高部屋地区
(日向川流域)
大山地区
(鈴川流域)
比々多地区
(栗原川流域)
基礎調査期間 平成19年7月~9月 平成20年7月~21年1月 平成21年8月~22年1月 -
指定公示日 平成20年5月13日 平成21年9月15日 平成22年10月19日 -
指定箇所数 (土砂災害警戒区域) 31カ所 37カ所 13カ所 81カ所
(土砂災害特別警戒区域) 21カ所 26カ所 12カ所 59カ所
指定区域内住宅戸数 (土砂災害警戒区域) 110戸 458戸 113戸 681戸
(土砂災害特別警戒区域)   7戸 11戸 18戸
土砂災害警戒区域内に位置する災害時要援護者関連施設   老人福祉センター阿夫利荘
大山保育園
子易児童館
善波児童館  

比々多地区の指定をもって、「土石流」に係る土砂災害警戒区域等の指定は完了。 平成27年度以降、「急傾斜地」に係る土砂災害警戒区域等の指定に向けた基礎調査が行われる予定。

伊勢原市土砂災害ハザードマップ

市では、土砂災害(特別)警戒区域を周知するとともに、安全に避難するための情報を記載したハザードマップを作成し、対象地区の各世帯に配付を行っています

お問い合わせ

企画部 危機管理課危機管理係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2611・2612・2613)
FAX:0463-95-7613

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード