第1回伊勢原市農業委員会総会議事録

公開日 2012年06月07日

最終更新日 2015年12月16日

日時:平成24年4月3日(火曜日)午前9時30分

場所:市役所 2C会議室

出席者:

(委員)古谷 邦久、山本 俊雄、萩原 隆雄、田中 良平、増井 正明、木村 勇、市川正美、青木 幹夫、
細屋 近男、前田 秀資、鈴木 雅之、和田 裕一、石田 太一郎、横山 正博、越水 澄夫、田中 静夫、田中 敏弘、小沢 喜市、前澤 良二、黒田 義夫

(事務局)

府川 克己、荒井 昌稔、石川 浩一

公開の可否:

傍聴者数:0人

審議内容

(開会 午前 9時30分)

[事務局長]皆様、おはようございます。定刻になりましたので、開会いたします。本日は、第1回農業委員会総会にあたり、総会の招集者であります、長塚市長から挨拶を申し上げます。

[市長]改めまして皆様おはようございます。本日はお忙しい中、農業委員会総会にご臨席を賜りまして、誠にありがとうございます。厚く御礼を申し上げます。皆様におかれましては、4月1日づけで農業委員にご就任をいただきました。任期は3年間でございます。本市の農業の発展のためにご尽力を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。農業を取り巻く状況、昨今では更に厳しい状況となってきております。昨年は、東日本大震災、また、東京電力福島第1原子力発電所の事故に伴いまして、農業分野におきましても大きな衝撃を受けました、いまだにその影響が続いている状況でございます。
 また、海外との関係におきましてはTPP交渉への対応をはじめ、食の安全に対する課題また、国内におきましては農業経営者の高齢化・担い手不足、有害鳥獣や荒廃農地の問題といった課題がございます。我が国の農業がおかれている現状には、大変厳しいものがあると、市といたしましても認識をしているところでございます。
 また、私事でございますけれども、私の父も農業経営をしておりましたけれども、やはり高齢化ということで、もう農業が出来なくなりました。私どもがそれを引き継がなければいけないと、やはり、高齢化・担い手不足、というものは、大変に切実な問題であると考えております。
 また、平成21年度の農地法等の改正におきましては、「農地の所有」から「農地の利用」へと、農地制度が大きく転換をされました。こうした中で、農地制度の基礎を支えます農業委員会の役割、農業者の利益代表として農業に関する諸問題に精通されている委員の皆様の役割は、ますます重要になってきております。
 市といたしましては、現在「伊勢原21プラン」、総合計画でございますけれども、こちらを点検をするということ、そして、25年度から始まります次期総合計画の作成に取り組んでおります。
 農業分野におきましては、伊勢原の立地条件を活かした都市農業、これをより一層推進していくことが大切であると考えております。そのためには、地場産品の消費ルートを拡大したり、新規就農者支援による担い手を確保したり、地産地消の推進、作業効率や生産性向上のための基盤整備など、関係機関が一体となって取り組んでいくことが、より一層求められてきていると認識をしております。
 農業、そして農業政策が今、大きな変革期にございます。皆様におかれましては、多方面にわたるご苦労をおかけすることとは存じますけれども、地域農業の活性化、都市農業の推進にご尽力を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。
 結びにあたりまして、本日ご出席の皆様方の今後の益々のご活躍とご健勝をお祈り申し上げましてご挨拶とさせていただきます。任期中、どうぞよろしくお願い申し上げます。

[事務局長]ありがとうございました。伊勢原市農業委員会の定数は、「伊勢原市農業委員会の選挙による委員の定数に関する条例」により公選委員は16名。また、「農業委員会等に関する法律」第12条により市長選任委員は7名で、計23名です。
 現在、市長選出委員のうち、農業共済組合推薦の委員1名は「推薦しない旨」の届があり、また、伊勢原市農業協同組合推薦の委員1名につきましては、5月に推薦機関の決定手続きが終了されるとのことです。このため、現在2名の委員が欠員です。
 以上から、本総会での在任委員数は21名です。欠席委員は陶山委員で、出席委員20名。定足数に達しておりますことを報告いたします。

[事務局長] また本総会は、改選後の最初の総会ですので、会長が選出されるまでの間、「伊勢原市農業委員会規程」第3条第2項により、年長委員が臨時に議長の職務を行うことが定められております。
従いまして出席委員中、古谷邦久委員が年長の委員でありますので、ご紹介いたします。古谷委員、臨時議長席の方へお越し願います。
( 古谷委員移動 )

[臨時議長]ただ今、ご紹介いただきました古谷邦久でございます。伊勢原市農業委員会規程第3条第2項の規程により、年長のゆえをもちまして会長が選出されるまで、臨時議長を勤めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
 本日は、任期最初の農業委員会総会でもあり、初対面の方もおられますので、委員、事務局の順に簡単な自己紹介をお願いします。先ほど事務局長から報告がありましたが、土地改良区推薦の陶山委員は所用のため、欠席の連絡がありました。それでは、現在の席の1番の方から順次自己紹介をお願いします。
( 農業委員の自己紹介 )
 委員の自己紹介が終わりましたので、次に事務局職員の紹介をお願いする訳ですが、市長には他に公務がありますので退席させていただきます。
( 市長退席 )

[臨時議長]それでは、事務局職員の自己紹介を順次お願いします。
( 事務局職員・自己紹介 )

[臨時議長]先ほど、事務局長の報告にあったとおり、ただ今の出席委員は、20名であり定足数に達しておりますので、第1回の農業委員会総会を開会いたします。
 これより直ちに、議事に移ります。事務局より、本日の議事日程の説明をいたさせます。

[事務局長]それでは、本日の議事日程を説明させていただきます。

  • 日程 第1 議事録署名委員の指定について
  • 日程 第2 伊勢原市農業委員会会長の選任について
  • 日程 第3 伊勢原市農業委員会会長職務代理者の選任について
  • 日程 第4 議席の決定について
  • 日程 第5 地区代表委員の選出及び地区分担について

以上です。

[臨時議長]ただ今の日程に従いまして、本日の議事を進めてまいりたいと思います。この際、議事の進行上、仮議席を指定したいと思います。仮議席は、ただ今ご着席の議席といたします。

[臨時議長]日程第1「議事録署名委員の指名について」を、お諮りします。議事録署名委員につきましては仮議席の1番増井正明委員、2番田中良平委員にお願いいたしたいと思います。ご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、両委員に議事録署名委員をお願いをいたします。

[臨時議長]日程第2「伊勢原市農業委員会会長の選任について」を、お諮りします。選任の方法は、伊勢原市農業委員会規程第2条第1項には、選挙の方法と指名推薦の方法がございます。そこで、提案いたします。指名推薦の方法でいかがですか。ご異議ございませんか。拍手でご承認願います。
( 拍手多数を確認 )
 異議なしと認め、選任の方法は指名推薦で行います。指名推薦の場合、選考委員を決め、会長を指名することといたしたいと思いますが、選考委員の選出方法はどのようにいたしましょうか。
( 「議長一任」の声あり )

[臨時議長]議長一任の声がありましたが、臨時議長一任でご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、指名の方法として、選挙による委員5名、議会推薦委員1名、計6名の選考委員を選出し、選考委員会において委員長を決め、協議の上委員長より会長推薦者を報告していただきたいと思います。
事務局より選考委員名の報告をいたさせます。

[事務局長] 報告させていただきます。

  • 伊勢原地区 田中 静夫 委員
  • 大山・高部屋地区 黒田 義夫 委員
  • 比々多地区 田中 敏弘 委員
  • 成瀬地区 増井 正明 委員
  • 大田地区 石田 太一郎 委員
  • 議会推薦 細屋 近男 委員

以上です。

[臨時議長]お名前をお呼びしました選考委員は、別室の第3委員会でご協議をお願いします。協議が整うまで暫時休憩とします。

「休憩」

[臨時議長]再開します。協議による結果を選考委員長よりご報告願います。

[選考委員長]選考委員長となりました細屋近男です。それでは、ご報告いたします。当農業委員会は、行政機関と同時に、農家の利益代表機関である事から、農政そして農地等農業者にかかわる諸問題に精通し、平成25・26年度には中地方農業委員会連合会の会長市となります。従いまして、関係機関との連絡調整を円滑に進めることのできる経験豊かな人材を慎重に協議いたしました。その結果、古谷邦久委員を会長として指名いたします。よろしくお願いいたします。

[臨時議長]ただいま選考委員長より推薦の報告がございました、ご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、選考委員長の報告のとおり会長を決定します。臨時の会長でしたが、会長に選任されましたので、一言ご挨拶をさせて頂きます。
ただいま選考委員の方々から、ご推薦をいただきました。新しく農地法が変りまして、後継者の問題、あるいは荒廃地の問題、鳥獣害の問題、いろいろ問題が山積をしております。特に神奈川県は都市農業としての色彩が非常に強い地域でありますし、あるいは広域幹線道路が完成しますと、交通の要点ともなります。そういう交通アクセスの中で、いかに農業を持続していくか、非常に大変な問題を抱えているわけでございます。
先ほど、市長からお話がありました10年計画の審議につきましても、いま始まったばからりでございまして、第4回が終わったところであります。本当の骨格だけしか、まだ出来上がっておりません。私はその会長を務めているわけですが、それもまた一つの大きな重荷となっております。年齢も年齢ですので皆様方の心からなるご協力をいただきませんと、この任期を3年間全うすることができないと思いますので、皆様方の忌憚の無いご意見あるいはご指導をいただきまして、この責務を終わりたいと考えております。どうぞ、よろしくお願いを申し上げます。
 これからの議事につきましては、臨時が取れまして、議長として運営をつかさどりますので、ご協力をお願いいたします。

[議長]それでは、日程第2の伊勢原市農業委員会会長の選任についての議事を終了させていただき、次に移ります。
 日程第3「伊勢原市農業委員会会長の職務代理者の選任について」を、お諮りします。会長の職務代理者の選任については、伊勢原市農業委員会規程第3条第1項には、投票の方法と、指名推薦の方法がございます。そこで、提案いたします。指名推薦の方法でいかがでしょうか。ご異議ございませんか。拍手でご承認願います。
( 拍手多数を確認 )
 異議なしと認め、会長の職務代理者の選任の方法は、指名推薦で行います。指名推薦の場合、選考委員を決め、職務代理者を指名したいと思いますが、選考委員の選出方法は、どのようにいたしましょうか。
( 「議長一任」の声あり )
 議長一任の声がありましたが議長一任で、ご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、会長選出の際の選考委員会においてご協議され、委員長より職務代理者を指名していただきたいと思います。選考委員は、別室においてご協議願い、他の委員は、協議が整うまで暫時休憩とします。

「休憩」

[議長]再会します。協議による結果を選考委員長より報告願います。

[選考委員長]それでは、選考結果について、ご報告いたします。ただいま全員で選考いたしました結果、会長が高部屋地区ということがございまして、経験も非常に豊かで3期を迎えられた比々多地区の山本俊雄委員を職務代理として指名いたします。よろしくお願いいたします。

[議長]山本委員を職務代理者に、との指名でございますが、これにご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、山本俊雄委員を職務代理者に決定します。職務代理者に決定しました山本委員が居られますので、本席より決定の告知をいたします。ここで、職務代理者に選任されました山本委員からご挨拶をいただきます。

[会長職務代理]大役をいただき恐縮いたしております。私、不慣れなもので皆様の協力がなければ、務めていけないと思いますので、よろしくお願い致します。

[議長]ありがとうございました。次に移ります。
 日程第4「議席の決定について」を、お諮りします。議席は、伊勢原市農業委員会会議規則第6条により、あらかじめ[くじ]で定めるとされていますが、21番につきましては、会長の職務代理者、22番につきましては、会長席と指定させていただきたいのですが、よろしいでしょうか。
  また本日、欠席の陶山委員につきましては、代理で事務局に引いてもらいたい旨の連絡がありましたので、事務局長が引くことで、よろしいでしょうか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、議席について[くじ]で決めたいと思います。なお、5月に選任される1名の市長選任委員につきましては、就任される際に、本日決定いたしました残り議席といたします。事務局職員が、仮議席の一番から順次廻りますので、くじを引き、お名前と番号をご発声下さい。
( 事務局担当者 巡回 )

[議長]ただ今、引いていただきました議席番号と氏名を事務局より報告させます。後日、印刷をしたものを配布いたしますので、本日はメモをしておいていただきたいと思います。
( 事務局 報告 )

[議長]事務局の報告したとおり議席を決定します。次に移ります。
 日程第5「地区代表委員の選出及び地区分担について」を、お諮りします。地区代表委員及び地区分担につきましては5月に選任される委員があり、暫定的な地区分担となりますので、総会終了後に全員協議会での協議事項としたいと思いますが、よろしいでしょうか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、全員協議会の協議事項といたします。

[議長]お疲れ様でした。以上をもちまして、第1回伊勢原市農業委員会総会を終了します。

[事務局長]お疲れ様でした。10分間の休憩後に、全員協議会を開催します。

(閉会 午前10時15分)

お問い合わせ

農業委員会 農業委員会事務局農地管理係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2161・2162)
FAX:0463-95-7613