第6回伊勢原市農業委員会総会議事録

公開日 2012年10月18日

最終更新日 2015年12月16日

日時:平成24年8月27日(月曜日)午前9時30分

場所:市役所 2C会議室

出席者:

(委員)古谷 邦久、山本 俊雄、萩原 隆雄、田中 良平、増井 正明、木村 勇、佐藤 壽一、市川正美、青木 幹夫、細屋 近男、陶山 泰男、前田 秀資、鈴木 雅之、和田 裕一、横山 正博、越水 澄夫、田中 静夫、田中 敏弘、小沢 喜市、前澤 良二、黒田 義夫

(事務局)

府川 克己、藤川 正樹、荒井 昌稔、小泉 菜穂子、石川 浩一

公開の可否:

傍聴者数:0人

審議内容(開会 午前 9時30分)

[事務局長]おはようございます。定刻になりましたので、開会いたします。定数22名、欠席委員は、石田委員1名です。出席委員21名で、定足数に達しておりますので、第6回伊勢原市農業委員会総会を、開催いたします。総会終了後、全員協議会を開催いたします。それでは、よろしくお願いいたします。

[議長]皆様おはようございます。ただいまから、第6回伊勢原市農業委員会総会を開催いたします。本日の議事録署名委員は、9番陶山泰男委員と10番前田秀資委員の両名にお願いします。それでは、議事に入ります。本日の審議事項は、報告4件、議案7件の計11件となっております。まず報告より入ります。

[議長]報告第1号、農地法第3条の3第1項の規定による届出について、次のとおり、相続により所有権を取得した旨の届出書が提出されたので報告する。事務局の報告をお願いいたします。

[事務局]平成21年12月15日施行の農地法改正により義務づけられた相続等による農地の所有権取得の届出が1件ありました。
 報告第1号、相続日は平成24年1月12日。厚木市愛名にお住まいの方が、下糟屋字桝形3筆、下糟屋字棚田1筆、合計4筆、面積2,658平方メートルを相続したとのことです。権利を取得した農地の第3者への所有権移転又は賃借権の設定等について農業委員会による斡旋等の希望はありません。届出日は平成24年8月1日。8月1日付で受理通知書を発行いたしました。

[議長]事務局の報告が終わりました。何かご質問がございましたら、お受けします。
( 「異議なし」の声あり )

[議長]異議なしと言うことなので、次に移ります。
 報告第2号、農地法第4条第1項第7号の規定による届出について、農地法第4条第1項第7号の規定による届出について、下記のとおり受理したことをここに報告する。事務局の報告をお願いいたします。

[事務局]農地法第4条第1項第7号の規定による届出について説明いたします。今回合計で、6件、8筆、面積、1,407平方メートルの届出がございました。地区別では、伊勢原地区、2件、2筆、面積は、456平方メートル。成瀬地区、3件、5筆、面積は459平方メートル。大田地区、1件、1筆、面積は、492平方メートル。転用目的は、宅地4件、店舗1件、物置1件です。以上です。

[議長]事務局の報告が終わりました。何かご質問がございましたら、お受けします。
( 「異議なし」の声あり )

[議長]異議なしと言うことなので、次に移ります。
       報告第3号、農地法第5条第1項第6号の規定による届出について、農地法第5条第1項第6号の規定による届出について、下記のとおり受理したことをここに報告する。事務局の報告をお願いします。

[事務局]農地法第5条第1項第6号の規定による届出について説明いたします。今回合計で8件、14筆、面積、4,100平方メートルの届出がございました。地区別では、伊勢原地区、3件、5筆、面積は、323平方メートル。成瀬地区、4件、6筆、面積は、1,211平方メートル。大田地区、1件、3筆、面積は、2,566平方メートル。権利の種類は、所有権移転7件、使用貸借権1件。転用目的は、宅地4件、駐車場3件、庭の一部として1件です。以上です。

[議長]事務局の報告が終わりました。何かご質問がございましたら、お受けします。
( 「異議なし」の声あり )

[議長]異議なしと言うことなので、次に移ります。
 報告第4号、引き続き農業経営を行っている旨の証明について、次のとおり、引き続き農業経営を行っている旨の証明願いが提出され、専決処分したので報告する。事務局の報告をお願いいたします。

[事務局]引き続き農業経営を行っている旨の証明について報告します。この調査は、相続税納税猶予期間の3年ごとの調査です。今回、大田地区で1件の出願がありました。
 報告第4号の1。出願人は沼目一丁目にお住まいの方で、被相続人のお子さんです。出願は8月3日。対象農地の明細は8頁から10頁。対象農地は池端字砂田3筆、上平間字木之下2筆、沼目字澤尻10筆、沼目一丁目の生産緑地6筆、沼目一丁目の12筆、合計33筆、面積16,459.35平方メートルです。8月7日に事務局で現地調査を行い良好に耕耘管理されていることを確認いたしております。8月8日付けで専決処分で証明書を発行いたしました。以上です。

[議長]事務局の報告が終わりました。何かご質問がございましたら、お受けいたします。
( 「異議なし」の声あり )

[議長]異議なしと言うことなので、次に移ります。
 議案第1号、相続税の納税猶予に関する適格者証明について、次のとおり、相続税納税猶予に関する適格者証明願いが提出されたので提案する。事務局の説明をお願いいたします。

[事務局]この証明は、農業委員会が「相続税の納税猶予の特例適用農地」の入口調査を行い、出願者が農業を継続して行う適格者であることを証明するもので、出願者が平塚税務署に提出いたします。
 今回、比々多地区で1件の出願がありました。議案第1号の1、出願者は、串橋にお住まいの被相続人のお子さんの配偶者です。串橋字登り道1筆、串橋字竹ノ花1筆、串橋字砂田2筆、笠窪字魚板橋(マナイタバシ)3筆の合計7筆、面積3,584平方メートルを特例農地として申請しています。相続開始は平成23年12月25日。対象農地の一覧は議案書の12頁。8月17日に地区担当委員さんと現地調査を行い、申請のありました農地は適正に耕耘管理されていることを確認しております。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いいたします。
[地区担当委員]8月17日に事務局と現地確認いたしました。適正に耕耘管理されておりましたので、何ら問題ないと思います。よろしくご審議お願いいたします。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりましたので、審議に入ります。議案第1号について、何かご質問・ご意見がございましたら、お受けいたします。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしとの発言でございますので、議案第1号については「原案のとおり認める」ことに、ご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、議案第1号については、「原案のとおり認める」ことといたします。次に移ります。

[議長]議案第2号、相続税の納税猶予に係る特定農地等の利用状況の確認について、次のとおり、相続税の納税猶予に係る特例農地等の利用状況の確認について意見を求める。事務局の説明をお願いいたします。

[事務局]この確認は相続税の納税猶予の20年経過の出口調査で、税務署の依頼により農業委員会が調査し税務署に提出いたすものです。今回、審議いただく案件は高部屋地区の1件、比々多地区2件の3件で、平塚税務署による依頼です。
 高部屋地区の1件は議案第2号の1、整理簿番号はH04A053。特例農地明細は議案書の14頁です。対象者は平塚市にお住まいの方で、上粕屋字石倉下の1筆、上粕屋字秋山上の2筆の合計3筆、面積1,568平方メートルを特例農地としております。8月2日に地区委員さんと事務局合同で現地調査を行い、適正に管理がされていることを確認いたしております。相続開始日は平成4年9月12日。
 比々多地区の1件目は、議案第2号の2、整理簿番号はH04A034。特例農地明細は議案書の15頁から18頁です。対象者は三ノ宮にお住まいの方で、三ノ宮字下御所ケ谷の20筆、面積23,373平方メートルを特例農地としております。7月18日に地区委員さんと事務局合同で現地調査を行い、適正に管理がされていることを確認いたしております。相続開始日は平成4年9月23日。
 比々多地区の2件目は、議案第2号の3、整理簿番号はH04A035。特例農地明細は議案書の19頁です。対象者は三ノ宮にお住まいの方で、三ノ宮字石原田の1筆、面積974平方メートルを特例農地としております。7月18日に地区委員さんと事務局合同で現地調査を行い、適正に管理がされていることを確認いたしております。相続開始日は平成4年9月23日。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いいたします。まず高部屋地区をお願いします。

[地区担当委員]議案2号の高部屋地区の方です。2日に事務局に同行いたしまして、利用状況の現地確認をいたしました。2筆とも良好に耕耘管理されていることを確認いたしましたので報告させていただきます。以上です。

[議長]続いて比々多地区をお願いします。

[地区担当委員]18日に事務局と現地確認を行いまして、適正に管理されておりましたことを、ご報告いたします。以上です。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりましたので、審議に入ります。議案第2号について、何かご質問・ご意見がございましたら、お受けいたします。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしとの発言でございますので、議案第2号については「原案のとおり認める」ことに、ご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、議案第2号については、「原案のとおり認める」ことといたします。次に移ります。

[議長]議案第3号、生産緑地に係る農業の主たる従事者についての証明について、次のとおり、生産緑地に係る農業の主たる従事者についての証明願いが提出されたので提案する。 事務局の説明をお願いいたします。

[事務局]出願者は伊勢原地区の方で、生産緑地の場所は図面番号は1番になります。生産緑地の所有者は、生産緑地法第10条で、告示の日から30年を経過したとき又は主たる事業者が死亡し、若しくは農林漁業に従事することを不可能にさせる故障に至ったときは、市長に対し書面で当該生産緑地を時価で買い取るべき旨を申し出ることが出来るとされており、その場合この証明の添付が必要となります。
 出願者は、板戸の方で主たる従事者のお子さんです。申し出理由は、主たる従事者が平成23年9月6日に死亡されたことによります。主たる従事者の耕作面積は2,389平方メートル。対象の生産緑地は、板戸字八雲殿の田3筆、雑種地1筆の合計4筆、面積は1,640平方メートルです。8月13日に地区担当農業委員さんと事務局で現地調査を行いました。対象農地全てが畑として良好に管理されていることを確認いたしました。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いいたします。

[地区担当委員]ただいま報告がございましたように、8月13日に事務局と現地確認をいたしました。報告のとおり適正に管理されておりましたので、認めてよろしいと思います。よろしくご審議いただきたいと思います。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりましたので、審議に入ります。

[議長]議案第3号について、何かご質問・ご意見がございましたら、お受けいたします。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしとの発言でございますので、議案第3号については「原案のとおり認める」ことに、ご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、議案第3号については、「原案のとおり認める」ことといたします。次に移ります。

[議長]議案第4号、農地法第3条の規定による許可申請について、農地法第3条の規定により、下記農地の申請があったので審議を求める。事務局の説明をお願いいたします。

[事務局]申請は高部屋地区の2件です。1件目は、議案第4号の1、図面番号は2番。譲受人は西富岡にお住まいの方で、平成24年2月16日許可の新東名高速道路による収用移転の農家住宅建築中の隣地である、西富岡字長久保の畑1筆、面積1008平方メートルを、経営規模拡大の為に所有権を有償で移転するものです。
 譲受人世帯の現在の経営面積は7,236平方メートル。高部屋地区の下限面積の特段の面積は30アールですので、農地取得に支障はありません。8月21日に事務局で現地調査を行い、経営農地の適正管理と農機具の保有を確認いたしております。申請書類の審査及び現地調査では、許可できない場合を列挙した農地法第3条第2項各号に該当する事項はありません。
 高部屋地区の2件目は、議案第4号の2、図面番号は3番。譲受人は市内日向にお住まいの方で、日向字南新田の畑2筆、面積757平方メートルを経営規模拡大の為に、所有権を有償で移転するものです。本件は6月8日に申請、6月20日に取り下げられた案件の再提出です。譲受人世帯の現在の経営農地は10,056平方メートル。高部屋地区の下限面積の特段の面積は30アールですので、農地取得に支障はありません。既に6月18日に事務局で現地調査を行い、経営農地の適正管理と農機具の保有を確認いたしております。申請書類の審査及び現地調査では、許可できない場合を列挙した農地法第3条第2項各号に該当する事項はありません。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いいたします。最初に、西富岡地区をお願いします。

[地区担当委員]高部屋の1番ですが、事務局の説明のとおりで、何ら問題ないと思われますので、よろしくご審議いただきたいと思います。

[議長]続いて、日向地区をお願いします。

[地区担当委員]6月24日に地区委員で現地確認を行いましたが、その後取り下げがあり、8月24日に再度確認いたしました。譲渡人は84歳で一人住まいの高齢で農業はほとんどやっていない様子で、譲受人は申請地の隣地を所有されておりまして、農地保全には最良であると思います。ご審議の程よろしくお願いいたします。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりましたので、審議に入ります。案件ごとに審議及び議決を行います。

[議長]議案第4号の1について、何かご質問・ご意見がございましたら、お受けいたします。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしとの発言でございますので、議案第4号の1について、「原案のとおり許可する」ことに、ご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、議案第4号の1については、「原案のとおり許可する」ことといたします。次に移ります。

[議長]議案第4号の2について、何かご質問・ご意見がございましたら、お受けいたします。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしとの発言でございますので、議案4号の2については、「原案のとおり許可する」ことに、ご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、議案第4号の2については、「原案のとおり許可する」ことといたします。次に移ります。

[議長]議案第5号、農地法第5条第1項の規定による許可申請に対する意見について、農地法第5条第1項の規定により、下記農地の申請があったので意見を求める。事務局の説明をお願いいたします。

[事務局]申請は大田地区の1件で、議案第5号の1 、図面番号は4番です。譲受人は申請地隣接地でダンボールやパッケージ製品の製造工場を営んでおり、原材料や製品の保管場所が伊勢原市内や厚木市内に分散している為、工場隣接地である申請地に集約する特定物流施設建設のため、開発面積5,078.32平方メートルのうち小稲葉字田中の4筆、面積2,289平方メートルを農地転用するものです。権利関係は所有権移転。申請地は、市街化区域に連たんした土地で立地基準は第3種農地。一般基準・個別基準については、隣地農地への影響もなく資金計画も適切と判断されます。なお、開発区域に含まれる水路については、市に払い下げ申請中とのことです。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いいたします。

[地区担当委員]議案第5号の1、図面番号4番です。20日に地区委員3名で現地を確認いたしました。前面道路の反対側は市街化区域でもあり、周辺の状況等を見てみましても地区委員としては、やむを得ないのではないかと思われます。よろしくご審議の程お願いいたします。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりましたので、審議に入ります。

[議長]議案第5号について、何かご質問・ご意見がございましたら、お受けいたします。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしとの発言でございますので、議案第5号について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、議案第5号については、「原案のとおり許可相当とする」ことといたします。次に移ります。

[議長]議案第6号、非農地証明交付申請の承認について、農地法の適用を受けない土地に係る運用方針に基づき、下記農地の証明出願があったので審議を求める。事務局の説明をお願いします。

[事務局]申請は成瀬地区の1件で、議案第6号の1、図面番号は5番。出願地は高森字鳴瀬の畑1筆、面積は249平方メートル。経過としては昭和40年に農地転用の手続きをしないまま自宅を建築し、現在に至っているとのことです。出願地の農地区分は「第3種農地」。違反転用指導の経過は無く、昭和40年より47年経過しており、県の「農地法の適用を受けない土地に係わる運用指針」別表1に適合いたします。なお本日朝、この土地について、地区担当委員からご連絡があり、24日に現地確認をされたところ、建物が解体中の状態であったと報告がありました。先ほど代理人とやり取りをしましたが、確かに申請時点にあった建物を、先週、間違えて解体に入ってしまったということで、勇み足をしてしまったとのことです。事務局といたしましては、申請時点で確かに建物はあったことを確認いたしておりますし、先週後半あたりとのことでもありますので、申請者に始末書の提出を求めることでよろしいのではないかと思いますが、ご審議をお願いいたします。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いいたします。

[地区担当委員]25日にも地区委員で現地確認をいたしましたが、いま事務局が説明されたとおりです。ご審議をよろしくお願いいたします。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりましたので、審議に入ります。

[議長]議案第6号について、何かご質問・ご意見がございましたら、お受けいたします。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしとの発言でございますので、議案第6号については、始末書の提出という付帯事項がありますが、「原案のとおり承認する」ことで、ご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、付帯事項がありますが、議案第6号については、「原案のとおり承認する」ことといたします。次に移ります。

[議長]議案第7号、農業経営基盤強化促進法に基づく農用地利用集積計画の承認について(利用権貸借)
 農業経営基盤強化促進法第18条第1項の規定により、下記農用地利用集積計画の決定について意見を求める。事務局の説明をお願いします。

[事務局]農業経営基盤強化促進法に基づく、農用地利用集積計画の申し出が1件・1筆1,322平方メートルありました。地区は比々多地区。権利の種類は賃借権、設定期間は4年8カ月です。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。何かご質問・ご意見がございましたら、お受けいたします。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしとの発言でございますので、議案第7号については、「出願のとおり承認する」ことに、ご異議ございませんか。
( 「異議なし」の声あり )
 異議なしと認め、議案第7号については「出願のとおり承認する」ことといたします。

[議長]以上をもちまして、第6回伊勢原市農業委員会総会は閉会といたします。大変お疲れ様でした。

[事務局長]お疲れさまでした。10分間の休憩後に、全員協議会を開催します

(閉会 午前10時00分)

お問い合わせ

農業委員会 農業委員会事務局農地管理係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2161・2162)
FAX:0463-95-7613