乳児の食事のお悩み【離乳食の頃小食】

公開日 2014年08月11日

最終更新日 2015年03月23日

小食

量よりも内容を気をつければ大丈夫!

  • お口の動かし方を学ぶ練習の時期なのでたくさん食べなくても大丈夫。あかちゃんにも個性があるので、焦らずゆったりと。
  • 大人の食事からの取り分けや、ベビーフードも上手に使って、いろいろな食材を経験させてあげましょう。
  • 主食・主菜・副菜をそろえてバランスを良くしましょう。

ちょこちょこ飲みが小食のもとに?

  • 母乳やミルクはお子さんが欲しいだけあげても大丈夫!でも、ちょこちょこ飲みは空腹や満腹のリズムができずに小食の原因になることがあります。
  • 「赤ちゃんが泣いたらすぐおっぱい」ではなく、だっこや、あやしながら、お腹のすく授乳リズムを作りましょう。

食事時間のめやすは?

  • 遊びはじめたり、あまり食が進まなくなった時は「ごちそうさま」を。

嫌がるときは?

  • 無理強いしてあげるより、料理や味付を変えてみませんか。  ベビーフードと合わせたり、だしをかえてみたりしては?

お子さんの食欲が心配な時は・・・
  • 母子手帳の成長曲線のグラフで、お子さんの身長や体重を確認してみよう!

    身長や体重が成長曲線に沿っているかどうかは、食事量の過不足を知る目安のひとつ。お子さんのペースで伸びていますか?

  • おなかが空く生活リズムを作ろう!

    早寝早起き、身体を動かした遊び、おやつの量や時間などは、お腹がすく生活リズム作りに大切な事。空腹は食欲の源です。

※引っ越しや入園など生活環境が変わった場合は、一時的に食欲が増減する事もありますので様子をみてみましょう。

お電話での食事相談も可能です。 伊勢原市役所子育て支援課 栄養士 0463-94-4711まで♪

関連ワード

お問い合わせ

子ども部 子育て支援課母子保健係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:1226・1227)
FAX:0463-95-7612