BCG予防接種

公開日 2013年04月01日

最終更新日 2015年03月10日

平成25年4月1日から対象年齢が変わりました

  • BCG予防接種は、結核を予防するために行うものです。
  • 以前の対象年齢は出生直後から6カ月未満が対象でしたが、平成25年4月1日から対象年齢が変わり、出生直後から1歳未満までに変わりました。
  • 標準的な接種年齢は満5カ月~8カ月未満に1回接種します。
  • 市内の医療機関で実施しています。医療機関ごとに実施時期などが異なるので、事前に確認し、母子健康手帳と健康保険証を持ってお出かけください。(秦野、平塚、厚木市の一部の医療機関でも実施しています。詳しくは、担当までお問い合わせください。)

コッホ現象について

  • お子さんが接種前に結核菌に感染している場合は、接種後10日以内にコッホ現象(接種局所の発赤・腫れ・化膿した後2~4週間後に治癒する現象)が起こることがあります。  
  • 通常見られる副反応は同じような症状が10日前後に現れますが、コッホ現象の場合は接種後数日の早い段階で現れます。
  • コッホ現象と思われる反応がお子さんにみられた場合は、速やかに医療機関で受診してください。  
  • この場合、お子さんに結核を移した可能性のある家族の方も医療機関を受診しましょう。

子どもの予防接種についてに戻る

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課地域医療係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:6116・6117)
FAX:0463-93-8389