ポイ捨て、犬のふんの放置、路上喫煙を禁止します

公開日 2013年08月19日

最終更新日 2013年08月19日

道路や公園などの公共の場所における環境美化及び公衆衛生の向上を推進するため、従来の市条例に、ごみのポイ捨てや飼い犬のふんの放置、路上喫煙などの規制を加えた「ごみ処理等の適正化及びポイ捨て等の防止に関する条例」を平成25年10月1日から施行します。

詳しくは、チラシ(PDF形式:283キロバイト)をご覧ください。

 ポイ捨ての禁止

  • 缶、びん、ペットボトル、タバコの吸い殻、ガム、紙くずなどのごみは、持ち帰るか、回収容器などに入れましょう。
  • 事業者は、ポイ捨てを防止するため、事業所やその周辺をきれいにしましょう。
  • 市職員や伊勢原市廃棄物減量等推進員(各地区の衛星委員)が、ポイ捨て等の違反者に対する口頭指導、または書面勧告を行います。勧告に従わない場合には、氏名などを公表します。

飼い犬のふんの放置などを禁止

  • 犬の飼い主の責務として、飼い犬のふんを公共の場所や他人の土地に放置したり、投棄したりしてはいけません。

路上喫煙の禁止 

  • 公共の場所において、歩きながらや自転車・オートバイなどで走りながらの喫煙は、やめましょう。
  • 公共の場所において喫煙しようとする人は、灰皿が設置されている場所か携帯灰皿で喫煙をしましょう。

【ご注意】

市条例では、基本的な事項を定めていますが、関係法令(軽犯罪法や県条例)などにより処罰の対象となることもあります。

関連ワード

お問い合わせ

経済環境部 環境美化センター収集業務係
住所:伊勢原市神戸378番地
TEL:0463-94-7502
FAX:0463-92-4717

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード