市民活動災害補償制度~市民活動による思わぬけがを補償~

公開日 2013年09月03日

最終更新日 2015年12月18日

市内に活動拠点を置く市民団体などの市民活動中に生じた予期せぬ事故やけがなどに対し、市が保険料を負担し、保険会社と保険契約をし補償する制度です。

対象となる事故と補償金額支払額

傷害事故

団体などの指導者や参加者が活動中に、急激かつ偶然な外来の事故で、死亡または負傷したとき。

補償額一覧
死亡補賞金 限度額 1人 500万円
後遺障害補賞金 限度額 1人 500万円
入院補償金 1日 3000円(事故の日から180日まで)
通院補償金 1日 2000円(事故の日から180日以内で通院日数・90日まで)

なお、スポーツや軽スポーツ団体の当該活動中における参加者(無報酬の指導者を除く)の傷害事故は補償の対象にはなりません。

賠償責任事故

団体などの指導者が、活動中過失により参加者やそのほかの第三者の身体や財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負ったとき。

補償額一覧
身体賠償 限度額 1人  1億円
限度額 1事故 5億円
財物賠償 限度額 1事故 500万円

*免責額は、1事故につき5000円

事故が発生した場合

事故日から14日以内に市役所1階市民協働課へ「事故報告書」を提出してください。

お問い合わせ

市民生活部 市民協働課市民協働係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:1121・1122)
FAX:0463-97-4321

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード