救急車の適正利用について

公開日 2014年04月08日

最終更新日 2017年05月11日

「その救急車本当に必要ですか?」

救急車は事故による大けがや心筋梗塞などにより緊急で病院へ行く必要がある人が利用します。しかしながら、入院を必要としない軽症の方への救急出動が増加しているため、緊急性が高い救急現場への救急車の到着が遅れることがあります。いざというときの皆さん自身の安全・安心のために、救急医療について考えてみましょう。

年別 救急件数
年別救急出動件数一覧
平成24年 4257件
平成25年 4518件 
平成26年 4524件
平成27年 4678件
平成28年 4712件

救急車の利用について                                                                           

緊急時はためらわずに救急車を呼んで下さい。

症状に緊急性がない場合は救急車が必要かどうか、自家用車やタクシーで病院に受診できるかなど、今一度考えてみて下さい。

また、急な病気やケガで救急車や病院の受診が必要かどうか迷った場合は、救急受診ガイドを御参考下さい。

救急車受診ガイド[PDF:919KB]

救急車の誤った利用例

  • 交通手段がない                                                                                
  • どこの病院にいけばいいかわからない
  • 早く診察してもらえるから
  • 二日酔いで気持ちが悪い                                                              
  • 病院でもらった薬がなくなった
  • タクシーだとお金がかかる                                                       
  • 入院予定日だから 
  • 水虫が治らない

tekiseiriyou_009

お問い合わせ

消防本部 警防救急課救急救命係
住所:伊勢原市伊勢原3-32-20
TEL:0463-95-9144(直通)・0463-95-2119(代表)
FAX:0463-91-4325

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード