木造住宅の耐震診断・耐震改修を支援します(伊勢原市木造住宅耐震改修工事等補助制度)

公開日 2014年05月08日

最終更新日 2016年05月26日

平成28年熊本地震では、昭和56年5月31日以前に建てられた旧耐震基準の住宅が大きな被害を受けました。
 南海トラフや首都直下の地震の発生が予想されており、これらの地震により、わたしたちの住む伊勢原にも大きな被害が想定されています。
 こうしたことから、古い基準で建築された既存木造住宅の耐震化を促進することにより、地震に強い安全なまちづくりをめざすために、木造住宅の耐震診断・耐震改修工事費などにかかる費用の一部を補助します。

  • 対象建築物

    次の条件をすべて満たす木造住宅

    • 昭和56年5月31日以前に建築されたもの
    • 在来軸組工法で建築された2階建て以下のもの 
    • 耐震改修工事については、耐震診断の評点が1.0未満と診断されたものを1.0以上に改修する場合
  • 対象者

    市内に対象建築物を所有し、かつ居住している人(ただし、市税を滞納している人を除きます。)

  • 補助金額
    • 耐震診断

      診断費用の1/2以内、限度額50,000円

    • 耐震改修工事

      耐震改修設計、工事費および工事監理費用の1/2以内、限度額500,000円。

※ 市では民間業者に、耐震診断や工事の戸別訪問を依頼することは一切ありません。

お問い合わせ

都市部 建築住宅課建築安全係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2232)
FAX:0463-95-7614

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード