障害福祉制度案内ガイドブック 精神障害者保健福祉手帳

公開日 2014年07月11日

最終更新日 2017年11月13日

一定の精神障害の状態にあると認定して手帳を交付することにより、手帳の交付を受けた人に対し、各種の支援が受けられるよう促進し、精神障害者の自立と社会復帰、社会参加の促進を図ることを目的としています。

ただし、精神障害を支給事由とする年金を受給中か、精神障害と診断された日から6カ月以上経過していることが必要です。

等級は1級から3級に区分されます。

 

初めて手帳を作るときに必要なもの
  1. 申請書(用紙は障害福祉課窓口にあります)
  2. 医師の診断書(県が指定した様式。用紙は障害福祉課窓口にあります。)

    ※診断書作成料は自己負担です。

    ※障害年金を受給している場合は、医師の診断書に代えて次の書類で申請できます

    • 障害年金証書の写し、又は直近の年金振込通知書又は年金支払通知書など
    • 年金・特別障害者給付金支給者に照会するための同意書(障害福祉課にあります)
  3. 障害者本人の顔写真1枚(縦4cm×横3cm、上半身・無帽、1年以内に撮影したもの)
  4. 印鑑
  5. マイナンバー・本人確認のできるもの「PDF:200KB]

 

つぎの場合は、障害福祉課で必ず手続きをしてください。

手続きが必要な場合

事由 お持ちいただくもの
<更新>
有効期限の期日になったとき
※有効期限を経過した手帳は無効になります
※更新手続きは、期限の切れる3か月前から出来ます
  1. 精神障害者保健福祉手帳
  2. 診断書または障害年金証書の写し
  3. 障害者本人の顔写真(縦4cm×横3cm 1年以内に撮影した無帽・上半身のもの)
  4. 印鑑
  5. マイナンバー・本人確認のできるもの「PDF:200KB]
<再交付>
手帳を破損などして使用できなくなったとき、
顔写真を交換するとき
  1. 精神障害者保健福祉手帳
  2. 障害者本人の顔写真(縦4センチメートル×横3センチメートル 1年以内に撮影した無帽・上半身のもの)
  3. 印鑑       
  4. マイナンバー・本人確認のできるもの「PDF:200KB]
<再交付>
手帳を紛失したとき
  1. 障害者本人の顔写真(縦4cm×横3cm 1年以内に撮影した無帽・上半身のもの)
  2. 印鑑 
  3. マイナンバー・本人確認のできるもの「PDF:200KB]
住所変更、氏名変更
  1. 精神障害者保健福祉手帳
  2. 印鑑
  3. マイナンバー・本人確認のできるもの「PDF:200KB]
本人が亡くなったとき
  1. 精神障害者保健福祉手帳
  2. マイナンバー・本人確認のできるもの「PDF:200KB]

 

お問い合わせ

保健福祉部 障害福祉課障害者支援係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:1241・1243・1244・1248)
FAX:0463-95-7612

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード