障がい福祉制度案内ガイドブック 所得税の控除

公開日 2014年07月11日

最終更新日 2018年04月01日

納税義務者、控除対象配偶者、扶養親族が障がい者である場合、所得税額の計算の基礎となる所得から、一定額が控除されます。

 
障害者控除
 
対象者 所得控除額
身体障害者手帳1・2級、知能指数35以下 40万円 (特別障害者控除)
精神障害者保健福祉手帳1級
身体障害者手帳3級~6級、知能指数75以下 27万円 (障害者控除)
精神障害者保健福祉手帳2・3級
※除対象配偶者、扶養親族が同居特別障害者に該当する場合、所得金額から75万円が控除されます。
 
医療費控除
つぎの費用は医療費控除の対象となります(※保険診療により支払ったもの)。
  • 人工肛門、人工ぼうこう造設者が使用するストマ用装具で、治療に直接必要と認められるものの購入費用
  • 人工肛門又は尿路変更ストマを有しているため、ストマケアの治療上必要と医師が証明する場合のストマ用装具の購入費用
 
担当
平塚税務署 〒254-6533 平塚市浅間町9-1 電話0463-22-1400

 

お問い合わせ

保健福祉部 障がい福祉課障がい福祉係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:1218・1245)
FAX:0463-95-7612