防犯のポイント ひったくり

公開日 2014年10月15日

最終更新日 2015年12月18日

犯人にねらわれやすいのはこんな人

  • バッグを車道側に持って歩いている人
  • 現金を下ろしたあと、周りを確認せずに金融機関などから出てきた人
  • 歩きながらスマートフォンや携帯電話を操作して、周囲を警戒しない人
  • 自転車のカゴにバッグなどを入れ、ひったくり防止ネットなどを付けていない人
  • 被害者の90パーセント以上は女性です。

 

被害にあわないために

徒歩の場合

  • バッグなどの持物は、壁側に持つ、タスキがけにするなど、持ち方を工夫しましょう。

 

自転車の場合

  • 犯人はオートバイ・自転車に乗り、追い越しざまにひったくるケースがほとんどです。後方からオートバイ・自転車が近づいてきたら、立ち止まって相手を確認するなど警戒するようにしましょう。
  • 自転車のカゴにはひったくり防止ネットなどを付けましょう。
  • 金融機関などで現金を下ろした後や、人通りの少ない道路を歩くときは、誰か自分の後をつけていないか時々振り返るなどしましょう。

 

被害にあってしまったら

大声をあげて周囲の人に知らせ、すぐに110番へ通報してください。

 

110番するときは

  • 犯人はナンバーを折り曲げた黒色スクーターに乗っている
  • 黒色フルフェースヘルメット、青色ジャンパー、ジーパン
  • 伊勢原駅方向に逃げた

などと、犯人の特徴を素早く通報することで、犯人検挙につながります。

 

ひったくり犯人は捕まるととどうなる?

ひったくりは、刑法の「窃盗」に当たり、10年以下の懲役、または50万円以下の罰金となります。しかし、転倒させたりして大怪我をさせる恐れがあるなど、重大な事件に発展する可能性があるため、窃盗の手口の中でも特に悪質とされ厳重に処罰されます。

関連ワード

お問い合わせ

市民生活部 市民協働課交通防犯対策係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:5411・5412)
FAX:0463-95-7615