みどりのカーテン作戦

公開日 2015年05月01日

最終更新日 2017年07月14日

公共施設みどりのカーテン

 

市内の小中学校では、校舎の壁面にネットを張り、そこにアサガオやゴーヤなどのつる性植物を這わせることで暑さを和らげる「みどりのカーテン作戦」を実施しています。

伊勢原市の公共施設のみどりのカーテンは、障害者就労施設等で育てられた苗を使用し、地球温暖化対策や節電対策とともに、環境学習に役立てることを目的としています。

 

 

壁面緑化の効果

建物の表面に届く直射日光を減らす効果があります。緑化した壁の温度は、むき出しの壁より約3度ほど低くなり、室温は昼間(午前6時~午後6時)の平均値では約2度、最も暑い時間帯で約4度低下すると言われています。

壁面緑化に適した植物

一年生のつる植物がおすすめで、代表的な物にアサガオ、ゴーヤ、ヘチマ、ヒョウタンなどがあります。

お問い合わせ

経済環境部 環境対策課環境衛生係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2142・2145・2146)
FAX:0463-95-7613