水痘(みずぼうそう)予防接種

公開日 2014年10月02日

最終更新日 2016年01月29日

これまで、任意接種(全額自己負担)であった、水痘(みずぼうそう)ワクチンが、平成26年10月1日から予防接種法に基づく定期接種(公費負担)になりました。対象者に制限がありますのでご注意ください。

水痘(みずぼうそう)とは
感染力が極めて強い感染症で、空気感染、飛まつ感染、接触感染によって感染します。
13~17日程度の潜伏期間の後発症します。症状はかゆみを伴う発疹(水ほう)、倦怠感、38度前後の発熱などです。小児の場合、重症化することは少ないですが、まれに起こる合併症として細菌の二次感染や、髄膜脳炎、小脳失調、肺炎、肝炎などがあります。
ワクチンの効果
水痘(みずぼうそう)を予防します。
免疫が低下している場合などは、接種後に軽い発疹が現れることがあります。また接種しても、流行時に水痘にかかることがありますが、軽くすみます。
副反応について
主な副反応としては、接種部位の発赤、腫れ、発熱などです。
まれに重い副反応として、アナフィラキシーショック、急性血小板減少性紫斑病等が起こることもあります。
対象者
満1歳から3歳未満  ※水痘(みずぼうそう)にかかったことのある人は対象外です。
接種スケジュール
3か月以上あけて2回接種(皮下注射)します。
※これまでに1歳以上で3か月以上の間隔をあけて2回任意接種を受けた人は終了しています。1歳以上で、1回または3か月未満の間隔で2回受けた人は、1回を定期接種として無料で接種できます。
※2回目が3歳を超える場合は、その2回目は定期接種(無料)になりません。
標準の接種スケジュール
1歳から1歳3か月未満に1回接種したあと、6か月~12か月までの間隔をあけて2回目を接種します。

 

詳しくは厚生労働省 水痘(外部リンク)のページをご覧ください。

その他の各予防接種について

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課地域医療係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:6116・6117)
FAX:0463-93-8389