第23回伊勢原市農業委員会総会議事録

公開日 2014年03月04日

最終更新日 2015年12月16日

日時:平成25年12月25日(木曜日)午前9時30分

場所:市役所 2C会議室

出席者:

(委員)山本 俊雄、萩原 隆雄、田中 良平、増井 正明、木村 勇、佐藤 壽一、市川正美、青木 幹夫、細屋 近男、陶山 泰男、大山 学、鈴木 雅之、石田 太一郎、横山 正博、越水 澄夫、田中 静夫、田中敏弘、小沢 喜市、山本 一恵、黒田 義夫 、古谷 邦久

(事務局)

古谷 京造、荒井 昌稔、城石 三佳、石川 浩一

公開の可否:

傍聴者数:0人

審議内容(開会 午前9時30分)

[事務局長]定刻になりましたので、開会いたします。在任定数21名、出席者は全員でありますので第23回伊勢原市農業委員会総会を開催いたします。なお、総会終了後、全員協議会を開催します。それでは、よろしくお願いします。

[議長]皆様おはようございます。ただ今から、第23回伊勢原市農業委員会総会を開催します。本日の議事録署名委員は、3番増井正明委員と、4番木 村勇委員の両名にお願いします。それでは、議事に入ります。本日の審議事項は、報告7件、議案7件の計14件となっております。まず報告より入ります。

[議長]報告第1号、農地法第3条の3第1項の規定による届出について、次のとおり、相続により所有権を取得した旨の届出書が提出されたので報告する。事務局の報告をお願いします。

[事務局]農地法で義務づけられている相続等による農地の所有権取得の届出が2件ありました。報告第1号の1です。相続日は平成25年5月25日。 平塚市横内にお住まいの方が、小稲葉字枝下の1筆、面積436平方メートルを相続したとのことです。権利を取得した農地の第3者への所有権の移転又は賃借 権の設定等について農業委員会への斡旋の希望はありません。届出日は平成25年11月26日、11月28日付けで受理通知書を発行いたしました。次に報告 第1号の2です。相続日は平成25年4月22日、伊勢原市下谷にお住まいの方が、下谷字高沢の農地19筆他、合計35筆、面積20,369平方メートルを 相続したとのことです。権利を取得した農地の第3者への所有権の移転又は賃借権の設定等について農業委員会への斡旋の希望はありません。届出日は平成25 年12月10日です。12月11日付けで受理通知書を発行いたしました。以上です。

[議長]事務局の報告が終わりました。何かご質問ございますか。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、次に移ります。

[議長]報告第2号、農地法第4条第1項第7号の規定による届出について、農地法第4条第1項第7号の規定による届出について、下記のとおり受理したことをここに報告する。事務局の報告をお願いします。

[事務局]報告第2号は、市街化区域の農地を土地所有者が農地以外のものにするとの届出です。今回は合計で6件、10筆、面積3,202平方メート ルの届出がございました。地区は、伊勢原地区3件、4筆、面積1,005平方メートル、成瀬地区3件、6筆、面積2,197平方メートル。転用目的は個人 住宅4件、集合住宅2件です。以上です。

[議長]事務局の報告が終わりました。何かご質問ございますか。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、次に移ります。

[議長]報告第3号、農地法第5条第1項第6号の規定による届出について、農地法第5条第1項第6号の規定による届出について、下記のとおり受理したことをここに報告する。事務局の報告をお願いします。

[事務局]報告第3号は市街化区域の農地を土地の権利移動を伴って農地以外のものにするとの届出です。今回は、合計で11件、18筆、面積 4,063平方メートルの届出がございました。地区は、伊勢原地区6件、11筆、面積1,811平方メートル。比々多地区2件、2筆、面積800平方メー トル。成瀬地区3件、5筆、面積1,452平方メートル。権利の種類は、所有権の移転。転用目的は、個人住宅9件、集合住宅1件、工業用地1件です。以上 です。

[議長]事務局の報告が終わりました。何かご質問ございますか。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、次に移ります。

[議長]報告第4号、引き続き農業経営を行っている旨の証明について、次のとおり、引き続き農業経営を行っている旨の証明願いが提出され、専決処分したので報告する。事務局の報告をお願いします。

[事務局]この証明は、相続税納税猶予期間の3年ごとの証明です。伊勢原地区で2件の出願がありました。伊勢原地区の1件目は報告第4号の1。出願 人は東大竹にお住まいの方で、被相続人のお子さんです。出願は11月25日。対象農地の明細は12頁で、岡崎字天神下の生産緑地3筆、合計面積605平方 メートル。11月29日に事務局で現地調査を行い、全筆適正に耕耘管理されていることを確認し、12月2日付けで専決処分で証明書を発行しました。伊勢原 地区の2件目は報告第4号の2。出願人は田中にお住まいの方で、被相続人のお子さんです。出願は11月15日。対象農地の明細は13頁で、田中字ソヤタの 2筆、字ク子花の2筆、字ガケの生産緑地1筆、伊勢原4丁目の生産緑地1筆、合計面積3,826.78平方メートル。11月19日に事務局で現地調査を行 い、全筆適正に耕耘管理されていることを確認し、11月20日付けで専決処分で証明書を発行しました。以上です。

[議長]事務局の報告が終わりました。何かご質問ございますか。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、次に移ります。

[議長]報告第5号、農地造成工事届出書について、次のとおり、農地造成の届出書が提出されたので報告する。事務局の報告をお願いします。

[事務局]届出は伊勢原地区1件、成瀬地区1件の合計2件です。伊勢原地区の1件は、報告第5号の1、図面番号は1番。場所は東大竹字上谷戸の2筆 の一部、面積390.16平方メートルの盛土を行う旨の届出です。届出は12月10日。届出人は市内東大竹にお住まいの方で施工は秦野市の会社です。敷地 内の高低差を解消するため盛り土を行うもので、最大盛土高は1メートル未満、土量は270立米。使用する土は平塚市から搬入の赤土です。工期は平成26年 1月10日から平成26年12月30日の予定です。続きまして、成瀬地区の1件は、報告第5号の2、図面番号は2番。場所は東富岡字相原の1筆の一部、面 積496平方メートルの盛土を行う旨の届出です。届出は12月12日。届出人は市内高森にお住まいの方で施工は市内三ノ宮の会社です。敷地内の高低差を解 消するため盛り土を行うもので、最大盛土高は1メートル未満、土量は470立米。使用する土は市内西富岡から搬入の赤土です。工期は平成25年12月16 日から平成26年2月28日の予定です。以上です。

[議長]事務局の報告が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いします。最初に、東大竹地区お願いします。

[地区担当委員]図面番号1番ですが、ただ今、事務局から報告のありましたとおり、12月23日の日に確認しまして、まだ工事はされていませんでし た。当日、当事者と会って聞きましたところ、前に盛り土したところに大きな石が出て、どうしても耕作がやり難いため、良い土を入れて盛り土をするとのこと でした。以上です。

[議長]続きまして、東富岡地区お願いします。

[地区担当委員]報告5号の2でございます。図面番号は2番です。ただ今、事務局から説明がございましたとおりです。図面を見ていただくと分かりま すが、福祉施設の敷地と盛土をする部分が1メートルほど落差がございます。これについての理由付けは、最近、車椅子が増えたという中で、車椅子が畑の中へ 入るため盛土をするということでございます。なお、両サイドの農地については、承諾書をいただいてございます。以上です。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの報告が終わりました。何かご質問がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、次に移ります。

[議長]報告第6号、農地法第4条・5条第1項ただし書き該当の届出書について、はじめに、報告第6号の1、次のとおり農業用施設への農地転用届出書が提出されたので報告する。
次に、報告第6号の2、次のとおり下記農地を渋田川における渓流保全工整備のための仮設道路を設置する用に供するため使用する届出書が提出されたので報告する。事務局の報告をお願いします。

[事務局]届出は大田地区1件、高部屋地区1件の合計2件になります。大田地区の1件は、報告第6号の1、図面番号は3番です。届出人は小稲葉にお 住まいの方で、現在使用している農業用倉庫が諸事情により使用できなくなったため、小稲葉字宮ノ前の自己所有農地の一部に農業用倉庫を建築するものです。 200平方メートル未満の農業用施設となりますので、農地法第4条第1項ただし書きに該当し、農地転用許可は不要となります。続きまして、高部屋地区の1 件は、報告第6号の2、図面番号は4番。神奈川県平塚土木事務所長からの届出で渋田川の渓流保全整備工事のため、西富岡字宝地の3筆の一部、合計面積が 359.1平方メートルに一時的に仮設道路を設置するものです。工事期間は平成25年11月28日から平成26年3月31日です。こちらの案件は県が行う 事業のための仮設道路設置となりますので、農地法第5条第1項ただし書きに該当し農地転用許可は不要です。以上です。

[議長]事務局の報告が終わりました。何かご質問がございましたら、お願いします。

[地区担当委員]図面番号は3番ですが、この方は届出のあった隣接の土地が違反転用なので是正していただくよう指導をお願いします。

[事務局]承知しました。

[議長]他に、ご質問ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、次に移ります。

[議長]報告第7号、農地法第18条第6項の規定による届出について、農地法第18条第6項および農地法施行規則第68条の規定により、下記の届出について受理したことをここに報告する。事務局の報告をお願いします。

[事務局]農地法第3条の許可を受けた農地や利用権設定期間中の農地を貸し手・借り手の合意で解約をする場合には、農地法第18条による合意解約の 届出が必要となります。報告の1番は賃借人が死亡したため、賃貸人に土地を返すために利用権設定を中途解約するものです。報告の2番と3番は、賃借人が経 営の縮小のため、賃貸人に土地を返すために利用権設定を中途解約するものです。以上です。

[議長]事務局の報告が終わりました。何かご質問がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案に移ります。

[議長]議案第1号、相続税の納税猶予に関する適格者証明について、次のとおり相続税納税猶予に関する適格者証明願いが提出されたので提案する。事務局の説明をお願いします。

[事務局]この証明は、農業委員会が相続税の納税猶予の特例適用農地の入口調査を行い、申請人が農業を継続して行う適格者であることを証明するもの で、申請者が平塚税務署に提出します。大田地区で1件の申請がありました。議案第1号の1。申請者は市内下谷にお住まいの方で、被相続人のお子さんです。 対象農地の明細は19頁から21頁で、下谷字前河内の2筆、字高澤の19筆、字神明の4筆、字上中才の7筆、字中才の2筆、合計面積が17,687平方 メートルを特例農地として申請しています。相続開始は平成25年4月22日。12月17日に事務局と地区農業委員さんの合同で現地調査を行い、申請のあり ました農地は適正に耕耘管理されていることを確認しました。なお、被相続人は平成24年に下谷字上中才の7筆、合計面積2,682平方メートルの土地を取 得する売買契約を締結しましたが、所有権移転が未完了のまま亡くなってしまいました。この土地につきましては、平成3年1月11日付国税庁資産税課情報第 1号の通達により相続財産と見なし、相続税納税猶予の対象農地として、別途、税務署に申請をするとのことです。この申請が認められるかは税務署での判断と なります。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いします。

[地区担当委員]先般事務局と確認いたしました。この方は、昔からの旧家で本人は若い人で、やる気十分であることを確認しましたので報告いたします。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりました。審議に入ります。議案第1号について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第1号については「原案のとおり認める」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第1号については、「原案のとおり認める」こととします。次に移ります。

[議長]議案第2号、生産緑地に係る農業の主たる従事者についての証明について、次のとおり、生産緑地に係る農業の主たる従事者についての証明願いが提出されたので提案する。事務局の説明をお願いします。

[事務局]出願者は比々多地区の方で、生産緑地の場所は、図面番号5番になります。生産緑地の所有者は、生産緑地法第10条で告示の日から30年を 経過したとき、又は主たる事業者が死亡し、若しくは農林漁業に従事することを不可能にさせる故障に至ったときは、市長に対し書面で当該生産緑地を時価で買 い取るべき旨を申し出ることが出来るとされており、その場合にこの証明の添付が必要となります。出願者は、農業の主たる従事者は父に当たります。申し出理 由は、主たる従事者が平成25年6月5日に死亡されたことによります。主たる従事者の耕作面積は5,832平方メートル。対象の生産緑地は、神戸字上宿の 畑1筆、面積は856平方メートルです。12月5日に地区担当農業委員さんと事務局で現地調査を行いました。対象農地は畑として良好に管理されていること を確認いたしました。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いします。

[地区担当委員]議案第2号。ただ今、事務局から説明のあったとおりでございます。12月5日に事務局と一緒に現地調査をいたしまして、地区役員については、12月23日に4人で現地調査を行い、良好に管理されておりましたのでよろしくお願いします。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりました。審議に入ります。議案第2号について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第2号について、「原案のとおり認める」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第2号については、「原案のとおり認める」こととします。次に移ります。

[議長]議案第3号、農地法第3条の規定による許可申請について(農委権限)、農地法第3条の規定により下記農地の申請があったので審議を求める。事務局の説明をお願いします。

[事務局]申請は、高部屋地区1件、大田地区1件の合計2件です。高部屋地区の1件は、議案第3号の1、図面番号は6番、7番です。譲受人は市内西 富岡にお住まいの方で、申請地は、西富岡字下ノ田の2筆、字外堀の5筆、合計面積は6,977平方メートルです。経営の若返りのため、無償で世帯内贈与を したいとの申請です。譲受人世帯の現在の経営農地は7,132平方メートル。高部屋地区の下限面積の特段の面積は30アールですので、農地取得に支障はあ りません。12月11日に事務局で現地調査を行い、経営農地は適正に管理されており、農機具の保有も確認しております。申請書類の審査では、許可できない 場合を列挙した農地法第3条第2項各号該当事項はありません。続きまして、大田地区の1件は、議案第3号の2、図面番号は8番です。譲受人は市内沼目1丁 目にお住まいの方で、申請地は、沼目字澤尻の1筆、面積274平方メートル。経営の若返りのため、無償で世帯内贈与をしたいとの申請です。権利関係は、共 有持分が5分の4と5分の1の所有権移転となります。譲受人世帯の現在の経営農地は13,473平方メートル。大田地区の下限面積の特段の面積は30アー ルですので、農地取得に支障はありません。経営農地の調査は、平成23年12月に世帯内無償譲与の農地法第3条許可申請がされており、平成23年12月 16日に経営農地と農機具調査を実施していますので省略いたしております。申請地については12月18日に事務局で確認しています。申請書類の審査では、 許可できない場合を列挙した農地法第3条第2項各号該当事項はありません。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いします。はじめに、議案第3号の1について、西富岡地区お願いします。

[地区担当委員]昨日、地区役員で現地確認しました。事務局の説明のとおりで問題は無いと思います。よろしくお願いいたします。

[議長]続きまして、議案第3号の2について、沼目地区お願いします。

[地区担当委員]大田地区の沼目でございますが、引き継がれる息子さんと現地確認して、何ら問題はございませんので、よろしくお願いします。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりました。審議に入ります。なお、議案第3号の1については、農業委員会等に関する法律第24条に関する案件があり、審議及び議決にあたりましては、22番の関係農業委員の退席をお願いいたします。

【 関係農業委員 退席 】

[議長]それでは、議案第3号の1について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第3号の1について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第3号の1については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。ここで、「22番」の関係農業委員の入場を認めます。

【 関係農業委員 入場 】

[議長]次に移ります。議案第3号の2について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第3号の2について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第3号の2については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。次に移ります。

[議長]議案第4号、農地法第4条第1項の規定による許可申請に対する意見について、農地法第4条第1項の規定により、下記農地の申請があったので意見を求める。事務局の説明をお願いします。

[事務局]申請は比々多地区の1件です。 議案第4号の1、図面番号は9番です。こちらの案件は議案5号の5と一体的な申請となりますので併せて説明させていただきます。申請人は市内三ノ宮にお住 まいの方で、国道246バイパス建設事業に伴い土地収用により現在住んでいる農家住宅の移転が必要となったため、三ノ宮字上尾崎の2筆、合計面積 1,248平方メートルを転用し、建て替えをしたいとの申請です。図面番号9番をご覧ください。図面中の2355番3と2356番1にまたがり、農家住宅 を建築する計画ですが、2356番1が申請人所有の農地のため議案第4号の4条許可申請の部分となります。2355番3につきましては申請人所有の農地で はないため、議案書26頁、議案第5号の5の5条許可申請の部分となり、こちらについては譲渡人から譲受人への所有権の移転になります。なお、二つの農地 の間には認定外道路がありますが、道路管理者との協議のうえ北側部分に付け替えるということです。申請地の立地基準は、周辺の宅地状況、土地の高低差等か ら農地の広がりは10ヘクタール未満であることから「その他2種農地」と判断されます。一般基準及び個別基準については、汚水・雑排水は公共下水管に接 続、雨水は浸透処理。周辺農地への影響もなく資金計画も適切であると判断されます。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いいたします。

[地区担当委員]議案第4号、図面番号9番でございますが、12月23日の日に地区委員で出願地を確認いたしました。ただ今、事務局の説明のとおりで246バイパスの土地収用地点ということでございますので、よろしくご審議をお願いします。以上でございます。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりました。審議に入ります。議案第4号について、何かご質問・ご意見がございましたらお願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第4号について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第4号については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。次に移ります。

[議長]議案第5号、農地法第5条第1項の規定による許可申請に対する意見について、農地法第5条第1項の規定により、下記農地の申請があったので意見を求める。事務局の説明をお願いします。

[事務局]申請は、伊勢原地区が1件、高部屋地区が3件、比々多地区が1件、成瀬地区が1件、大田地区が3件の合計9件です。伊勢原地区の1件は、 工事の作業ヤードとする一時転用で議案第5号の1、図面番号は10番です。譲受人は川崎市で建設業を営んでおり、神奈川県発注の県営かんがい配水事業工事 のため、池端字上中澤の1筆、面積965平方メートルのうち217平方メートルを資材置場として一時転用したいとの申請です。転用期間は平成26年3月 31日まで、権利関係は賃貸借です。申請地の立地基準は、市外化区域から事業用地が連たんしており「第3種農地」と判断されます。一般基準及び個別基準に ついては、敷地内は一部鉄板敷きとし、雨水は浸透処理、周辺農地への影響もなく資金計画も適切であると判断されます。続いて、高部屋地区の1件目は、工事 関係の車両置場及び作業ヤードとする一時転用で議案第5号の2、図面番号は11番です。譲受人は厚木市で土木建築業を営んでおりまして、平成25年3月 26日付けで農地転用許可となりました富岡ホーム建築に伴い、隣接しました西富岡字九澤の2筆、合計面積750平方メートルを工事関係の車両及び資材置場 として一時転用したいとの申請です。転用期間は許可日から1年2ヶ月、権利関係は賃貸借です。申請地の立地基準は、10haを越える一団の農地区域のため 「第1種農地」と判断されますが、一時的な農地の利用であり、立地上からも代替地がなく申請地を使用する必要があるため、例外的許可の対象となります。一 般基準及び個別基準については、敷地内は鉄板敷きとし、南側の一部に土のうを積み土砂の流出を防ぎます。雨水は浸透処理、周辺農地への影響もなく資金計画 も適切であると判断されます。続いて、高部屋地区の2件目は、議案第5号の3、図面番号は12番です。譲受人は厚木市にお住まいの方で、現在住んでいます 住居が手狭となったため、日向字西新田原の1筆、面積298平方メートルを転用し、分家住宅を建築したいとの申請です。権利関係は贈与による所有権移転で す。申請地の立地基準は、周辺は非農地で囲繞され、農地の広がりは10ヘクタール未満であることから「その他2種農地」と判断されます。一般基準及び個別 基準については、汚水・雑排水は合併浄化槽で処理、雨水は浸透処理。隣接地とは縁石で区画、周辺農地への影響もなく資金計画も適切であると判断されます。 続いて、高部屋地区の3件目は、議案第5号の4、図面番号は13番です。譲受人は市内高森にお住まいの方で、現在住んでいる賃貸住宅が手狭となったため、 日向字上藤野の1筆、面積368平方メートルを転用し、分家住宅を建築したいとの申請です。権利関係は使用貸借です。申請地の立地基準は、周辺は非農地で 囲繞され、農地の広がりは10ヘクタール未満であることから「その他2種農地」と判断されます。一般基準及び個別基準については、汚水・雑排水は合併浄化 槽で処理、雨水は浸透処理、隣接地と境界ブロックで区画。周辺農地への影響もなく資金計画も適切であると判断されます。続いて、比々多地区の1件ですが、 議案第5号の5、図面番号は14番になりますが、この案件については議案第4号の1で併せて説明していますので省略します。続いて、成瀬地区の1件は、駐 車場として使用する一時転用で議案第5号の6、図面番号は15番です。譲受人は市内伊勢原3丁目で福祉事業を営んでおり、経営する施設の増築工事に伴い敷 地内の駐車場が使用できなくなるため、東富岡字相原の1筆、面積1,049平方メートルを職員の駐車場として一時転用したいとの申請です。転用期間は許可 日から1年2ヶ月。権利関係は使用貸借です。申請地は農振農用地ですが、一時的な農地の利用であり、立地上からも代替地がなく農業振興地域整備計画の達成 に支障を及ぼす恐れがないため、例外的許可の対象となります。一般基準及び個別基準につきましては、敷地内を整地し駐車位置をロープで明示、入り口部分は 滑り止めのため一部砂利引き、周辺地とは鉄柱とロープで区画、雨水は浸透処理、周辺農地への影響もなく資金計画も適切であると判断されます。続いて、大田 地区の1件目は、工事の作業ヤードとする一時転用で議案第5号の7、図面番号は16番です。譲受人は市内下落合で建設業を営んでおり、神奈川県発注の湛水 防除事業のため、下谷字筒川の2筆、面積589平方メートルを資材置場として一時転用したいとの申請です。転用期間は平成26年3月28日までです。権利 関係は賃貸借です。申請地は農振農用地ですが、一時的な農地の利用であり、立地上からも代替地がなく農業振興地域整備計画の達成に支障を及ぼす恐れがない ため、例外的許可の対象となります。一般基準及び個別基準につきましては、敷地内は鉄板敷きとし、雨水は浸透処理、周辺農地への影響もなく資金計画も適切 であると判断されます。なお、申請地にて既に工事が始まっておりますが、現在工事を行っているのは神奈川県となります。県が行う場合は一時転用許可は不要 であり、今回の案件の許可が出た後に申請者が継続して工事を行います。続いて、大田地区の2件目は、議案第5号の8、図面番号は17番です。譲受人は市内 小稲葉で製造業及び運送業を営んでいますが、現在分散しています会社保有車両等の駐車場を一つに集約し、合理化を図るため、小稲葉字堀之内の1筆、面積 991平方メートルを駐車場に転用したいとの申請です。権利関係は賃貸借です。申請地の立地基準は、市外化区域から事業用地が連たんしており「第3種農 地」と判断されます。一般基準及び個別基準については、敷地内を整地し駐車位置をロープで明示、地盤高は現状維持とし、北側農地との境界には緩衝地帯を設 けます。雨水は浸透処理、周辺農地への影響もなく資金計画も適切であると判断されます。続いて、大田地区の3件目は、工事の作業ヤードとする一時転用で議 案第5号の9、図面番号は18番です。譲受人は東京都で建設業を営んでおり、携帯電話基地局設置工事に伴う工事用地としまして、上平間字稲荷山の6筆の一 部、合計面積が389.6平方メートルを一時転用したいとの申請です。転用期間は許可日から4ヶ月、権利関係は使用貸借です。なお、携帯基地局本体の転用 は農地転用許可が不要で県との事前協議が必要とされており、本申請と同時に事業計画書が県に提出され、現在協議中です。申請地の立地基準は、市外化区域に 隣接しており「第3種農地」と判断されます。一般基準及び個別基準については、敷地内は鉄板敷きとし、周辺地とはネットフェンスで区画、雨水は浸透処理、 周辺農地への影響もなく資金計画も適切であると判断されます。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いします。最初に、議案第5号の1について、池端地区お願いします。

[地区担当委員]図面番号は10番、議案第5号の1ですが、12月20日の日に現地確認をしました。ただ今、事務局からも説明がございましたが、問題は無いかと思われます。よろしくご審議をお願いします。

[議長]続きまして、議案第5号の2について、西富岡地区お願いします。

[地区担当委員]昨日24日に地区委員で現地を確認しました。事務局の説明があったとおりでありますが、第1種農地ということなのですが、一時転用なので仕方が無いかと思います。

[議長]続きまして、議案第5号の3と4について、日向地区お願いします。

[地区担当委員]図面番号は12番、議案第5号の3ですが、昨日地区委員5名で確認いたしました。事務局の説明どおり隣接農地への影響も少なく、問 題は無いと判断をいたしました。次に、図面番号は13番、議案第5号の4ですが、こちらも昨日地区委員5名で確認いたしました。事務局の説明のとおり問題 は無いと判断をいたしました。よろしくお願いいたします。

[議長]続きまして、議案第5号の5について、三ノ宮地区お願いします。

[地区担当委員]12月23日の日に地区委員で現地を確認いたしました。先ほど議案第4号で説明したとおりですが、所有権移転ということでございますので、よろしくご審議をお願いします。以上でございます。

[議長]続きまして、議案第5号の6について、東富岡地区お願いします。

[地区担当委員]議案第5号の6でございます。先ほど事務局から説明がございましたとおりです。特に地元としましては、12月20日の日に全員で見てきました。一時転用ということで特に問題は無いかと思いますので、よろしくお願いいたします。

[議長]続きまして、議案第5号の7について、下谷地区お願いします。

[地区担当委員]議案第5号の7、図面番号16でございますが、先般20日の日に現地を確認いたしました。事務局の説明のとおり工事も既に始まっていますが、鉄板等も敷かれて何ら問題は無いと思います。よろしくお願いいたします。

[議長]続きまして、議案第5号の8について、小稲葉地区お願いします。

[地区担当委員]議案第5号の8、図面番号17でございます。12月20日の日に現地を確認いたしました。先ほど事務局から説明がありましたとおりでございます。周辺農地への影響は無いと思われますので、よろしくお願いいたします。

[議長]続きまして、議案第5号の9について、上平間地区お願いします。

[地区担当委員]議案第5号の9でございますが、12月20日の日に地区委員4名で現地を確認してきました。事務局の説明のとおり問題は無いように見受けられます。ご審議の程よろしくお願いいたします。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりましたので、審議に入ります。
議案第5号1について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第5号の1について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第5号の1については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。次に移ります。

[議長]議案第5号2について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第5号の2について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第5号の2については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。次に移ります。

[議長]議案第5号3について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第5号の3について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第5号の3については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。次に移ります。

[議長]議案第5号4について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第5号の4について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第5号の4については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。次に移ります。

[議長]議案第5号5について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第5号の5について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第5号の5については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。次に移ります。

[議長]議案第5号6について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第5号の6について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第5号の6については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。次に移ります。

[議長]議案第5号7について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第5号の7について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第5号の7については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。次に移ります。

[議長]議案第5号8について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第5号の8について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第5号の8については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。次に移ります。

[議長]議案第5号9について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第5号の9について、「原案のとおり許可相当とする」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第5号の9については、「原案のとおり許可相当とする」こととします。次に移ります。

[議長]議案第6号、非農地証明交付申請の承認について、農地法の適用を受けない土地に係る運用方針に基づき、下記農地の証明出願いがあったので審議を求める。事務局の説明をお願いします。

[事務局]高部屋地区で3件の申請がありました。高部屋地区の1件目は議案第6号の1、図面番号は19番です。申請地は上粕屋字子易の1筆、面積 601平方メートル。昭和40年代から隣接した工務店の作業場、倉庫及び貸し屋の敷地として使用されていますが、現在は、工務店、作業場、倉庫ともに使わ れておりません。現在、前所有者は亡くなってしまい、また相続人が不在であるため、こちらの土地は、裁判所が指定した相続財産管理人の所有となっていま す。本申請も相続財産管理人からの申請となっております。今後、農地として活用していくには困難な土地となります。申請地の農地区分は、周辺は非農地で囲 繞され、農地の広がりは10ヘクタール未満であることから「その他2種農地」と判断されます。以上から立地基準上は支障が無く、非農地形態となって10年 以上が経過しており、違反転用指導の経過もないことから、県の「農地法の適用を受けない土地に係わる運用指針」別表1に該当します。続きまして、高部屋地 区の2件目は議案第6号の2、図面番号は20番です。申請地は西富岡字外堀の1筆、面積13平方メートル。申請者の父の代に近隣の大学で使用します井戸の 用地として賃借を開始。昭和63年に分筆をしまして、現在も井戸として使用しているとのことです。申請地の農地区分は、周辺は非農地で囲繞され、農地の広 がりは10ヘクタール未満であることから「その他2種農地」と判断されます。以上から立地基準上は支障が無く、非農地形態となって10年以上が経過してお り、違反転用指導の経過もないことから、県の「農地法の適用を受けない土地に係わる運用指針」別表1に該当します。続きまして、高部屋地区の3件目は議案 第6号の3、図面番号は21番です。申請地は日向字上藤野の2筆、合計面積107平方メートル。申請地には申請人先祖代々の墓と、申請人の家に仕えていた 使用人の墓が立てられており、航空写真や過去の明細地図から昭和の時代より存在していることが確認できます。申請地の農地区分は、周辺は非農地で囲繞さ れ、農地の広がりは10ヘクタール未満であることから「その他2種農地」と判断されます。以上から立地基準上は支障が無く、非農地形態となって10年以上 が経過しており、違反転用指導の経過もないことから、県の「農地法の適用を受けない土地に係わる運用指針」別表1に該当します。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。地区担当委員さんの補足説明がございましたら、お願いします。最初に、議案第6号1について、上粕屋地区お願いします。

[地区担当委員]昨日24日に地区担当5名で現地確認をいたしました。事務局の説明のとおりでございまして、5人の目で見ましても特に問題は無いということで認めてもよろしいかと思いますので、よろしくお願いいたします。

[議長]続きまして、議案第6号2について、西富岡地区お願いします。

[地区担当委員]同じく、昨日地区担当委員5名で現地確認したところ、特に問題は無いということでよろしくお願いいたします。

[議長]続きまして、議案第6号3について、日向地区お願いします。

[地区担当委員]同じく、昨日地区担当委員5名で現地確認をしました。問題は無いと判断しました。よろしくお願いいたします。

[議長]事務局並びに地区担当委員さんの説明が終わりました。審議に入ります。はじめに、議案第6号の1について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第6号の1について、「原案のとおり承認する」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第6号の1号については、「原案のとおり承認する」こととします。

[議長]続きまして、議案第6号の2に入ります。なお、議案第6号の2については、農業委員会等に関する法律第24条に関する案件があり審議及び議決にあたりましては、22番の関係農業委員の退席をお願いいたします。

【 関係農業委員 退席 】

[議長]それでは、議案第6号の2について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第6号の2について、「原案のとおり承認する」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第6の2号については「原案のとおり承認する」こととします。

[議長]ここで、22番の関係農業委員の入場を認めます。

【 関係農業委員 入場 】

[議長]次に、移ります。議案第6号の3について、何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと言うことなので、議案第6号の3について、「原案のとおり承認する」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第6号の3については、「原案のとおり承認する」こととします。次に移ります。

[議長]議案第7号、農業経営基盤強化促進法に基づく農用地利用集積計画の承認について(利用権貸借)。農業経営基盤強化促進法第18条第1項の規定により、下記農用地利用集積計画の決定について意見を求める。事務局の説明をお願いします。

[事務局]農地の賃貸借等につきましては、利用権設定期間が終了すれば、自動的に権利が消失し、民法上の小作の権利が生じない農業経営基盤強化促進 法による利用権の設定が現在では殆どです。利用権の設定は農業経営基盤を強化するための農地の利用集積ですので利用権を設定できる方は、農地法第3条の 「下限面積」要件はありません。農家以外でも、新規就農認定を受けた方や、また解除条件付き利用権で行う一般法人やNPO法人などの法定法人等も対象とな ります。今回、農業経営基盤強化促進法に基づく農用地利用集積計画の新規の申し出が8件、14筆、面積で8,656.05平方メートルありました。これら はすべて、今述べた要件に該当するものです。地区別では伊勢原地区は3筆、面積は693.05平方メートルです。権利の種類は使用貸借権で、期間は3年4 か月です。髙部屋地区は1件、2筆、面積は1,850平方メートル。権利の種類は賃借権で1年4カ月です。成瀬地区は5件、8筆で、面積5,880平方 メートルです。権利の種類は賃借権が4件、使用貸借権が1件です。期間は3年4カ月が3件、5年4カ月が2件です。大田地区は1件1筆、面積は233平方 メートルで権利の種類は賃借権です。以上です。

[議長]事務局の説明が終わりました。何かご質問・ご意見がございましたら、お願いします。

[議長]特に、ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]議案第7号については、「出願のとおり承認する」ことに、ご異議ございませんか。

【「異議なし」の声あり】

[議長]異議なしと認め、議案第7号については、「出願のとおり承認する」ことといたします。以上を持ちまして、第23回伊勢原市農業委員会総会は閉会とします。大変お疲れ様でした。

[事務局長]ご苦労様でした。10分間の休憩後に、全員協議会を開催します。

【午前10時30分 終了】

お問い合わせ

農業委員会 農業委員会事務局農地管理係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2161・2162)
FAX:0463-95-7613