手足口病の警報が発令されました

公開日 2017年07月13日

最終更新日 2017年07月13日

平成29年第27週(7月3日~7月9日)の感染症発生動向調査で、手足口病の定点あたりの報告数が[7]となりました。警報レベルの基準値である[5]を上回ったことから、神奈川県平塚保健福祉事務所秦野センターより、管内(秦野市・伊勢原市)に警報が発令されました。この警報は、大きな流行が発生しつつあると疑われることを意味します。

感染経路

飛沫感染や経口・接触感染します。

主な症状

3~5 日の潜伏期を経過し、発熱、のどの痛みなどが現れます。発熱はそれほど高熱でなく、通常は38度以下です。発熱して2日ほど経過して、手のひら、足の裏、口の中や唇に2~3mmの水ぶくれ様発疹が現れます。口の中にできた発疹による痛みで、食事が十分に摂れなくなることがあります。発疹は1週間から10日で自然に消えます。ごく稀に、髄膜炎や脳炎といった頭の病気や、心筋炎といった心臓の病気を生じることもあります。

治療法

病気そのものを治す薬はありません。症状に応じた治療を行います。

予防法

現在、ワクチンは存在しません。うがい・手洗いを十分行いましょう。

国立感染症研究所ホームページ

県衛生研究所感染症情報センターホームページ

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課健康づくり係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:6111・6112・6113)
FAX:0463-93-8389