骨の健康を考えてみませんか 【平成27年10月】

公開日 2015年10月20日

最終更新日 2015年11月26日

柔らかな秋の日差しが心地よく、新米のおいしい季節になりました。芸術の秋、スポーツの秋、また味覚の秋と彩りが多く、体に大切な食べ物をしっかり食べたいですね。今回は骨粗鬆症予防についてお伝えします。

骨粗鬆症とは、骨がもろく骨折しやすくなる病気です。骨の健康に欠かせない栄養素といえばカルシウムが代表的ですが、実はカルシウムはあまり吸収のよい栄養素ではありません。そこで、ビタミンDとビタミンKの助けが重要になります。

丈夫な骨のために、今日からすぐ始められる3つの習慣をご紹介します。

 

〈今日から始める3つの習慣〉

1.カルシウムをとる⇒骨の主成分となる

 牛乳・スキムミルク・ヨーグルト・チーズ・木綿豆腐・がんもどき・干しひじき・生わかめ・小松菜 など

2.ビタミンDをとる⇒カルシウムの吸収を促進して骨を丈夫にします。

 サンマ・イワシ・サケ・ブリ・カレイ・シラス・干ししいたけ・きくらげ

3.ビタミンKをとる⇒骨にカルシウムが沈着するのを助け骨を強化します。

 納豆・ほうれん草・モロヘイヤ・キャベツ・ブロッコリー・にら・わかめ・鶏肉

 

骨粗鬆症予防は1日3回の規則正しいバランスのとれた食事と共に、骨の健康に役立つ上記3つの栄養素が含まれる食材を食べる様、意識してみましょう。

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課健康づくり係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:6111・6112・6113)
FAX:0463-93-8389