平成28年4月1日から障害者差別解消法が施行されました

公開日 2016年04月01日

最終更新日 2017年04月03日

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)が平成28年4月より施行されました。

この法律は、障害のある人とない人とが平等の機会を得られるように、障害のある人に対して正当な理由なく、障害を理由として差別することが禁止されるとともに、障害のある人から何らかの配慮を求める意向があったときに必要な対応(合理的な配慮)をすることが求められます。伊勢原市職員が適切に対応ができるように「対応要領」を定め、障害のある人もない人も共に暮らせるまちづくりを目指します。

障害を理由とする差別とはどんなこと?

  •  障害があるという理由で、お店への入店、施設の利用を断ること。
  •  障害があるという理由で、対応の順序を後回しにする。
  •  障害のない人にはつけない条件をつけること。
  •  障害があるという理由で、アパートを貸してもらえないこと。

  ただし、正当な理由がある場合においては、差別にならないこともあります。

  障害のある人にその理由を説明し、理解を得るよう努めることが大切です。

障害のある人への合理的な配慮とはどんなこと?

  •  車椅子利用者にキャスター上げ等の補助をしたり、携帯スロープを渡したり、スロープがある移動経路を案内する。
  •  筆談、読み上げ、手話などのコミュニケーション手段を用いる。
  •  資料等について、点字、拡大文字、ルビ付き等障害特性に合わせて作成する。
  •  順番を待つことが苦手な障害者に対して、周囲の者の理解を得た上で、手続き順を入れ替える。
  •  盲導犬のスペースも含めた席を確保する。

  具体的な場面や状況によって配慮の仕方は異なります。

  また個別の障害に応じても違うことから、障害のある人と相談をしながら対応に努めることが大切です。


差別解消法に関する資料

  1. 内閣府障害者差別解消法リーフレット[PDF:3MB]
  2. 伊勢原市における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領[PDF:80KB]
    伊勢原市における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領[TXT:6KB]
  3. 伊勢原市職員対応要領に係る留意事項[PDF:221KB]
    伊勢原市職員対応要領に係る留意事項[TXT:17KB]

関連サイト(内閣府)

内閣府 障害を理由とする差別の解消の推進

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 障害福祉課障害者支援係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:1241・1243・1244・1248)
FAX:0463-95-7612

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード