社会資本総合整備計画の策定について

公開日 2016年06月02日

最終更新日 2017年05月15日

【社会資本整備総合交付金とは】

社会資本整備総合交付金は、地方公共団体が行う社会資本の整備その他の取組を支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善および国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保および向上を図ることを目的として、平成22年に創設された交付金です。

平成25年度には、老朽化対策、事前防災・減災対策及び生活空間の安全確保・質の向上に取り組む事業に対して、「防災・安全交付金」により、重点的に支援することになりました。

社会資本整備総合交付金を充てて事業を実施しようとする地方公共団体は、社会資本総合整備計画を国土交通大臣に提出しなくてはなりません。

伊勢原市では、下水道事業(公共下水道の設置または改築に関する事業)を実施するにあたり、5年間を計画期間とした社会資本総合整備計画を策定しております。

     平成23年度から平成27年度

   【事後評価】 

   ・伊勢原市便利で暮らしやすいまちの実現[PDF:272KB]

   ・伊勢原市安全で災害に強いまちの実現[PDF:269KB] 

 

       平成28年度から平成32年度

   【変更1回目】

   ・伊勢原市便利で暮らしやすいまちの実現[PDF:2MB]

   ・伊勢原市安全で災害に強いまちの実現(防災・安全)[PDF:2MB]

 

お問い合わせ

土木部 下水道業務課総務係
住所:伊勢原市神戸120番地アクアクリーンセンター
TEL:0463-92-3031
FAX:0463-95-0981

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード