みどりのカーテン育て方教室について

公開日 2017年04月14日

最終更新日 2017年04月14日

今年もみどりのカーテン育て方教室を開催します

地球温暖化対策として、建物の壁面にネットを張り、そこにアサガオやゴーヤなどのつる性植物を這わせることで暑さを和らげる「みどりのカーテン」に、初めて挑戦する方や過去に失敗してうまく育たなかった方を対象に、みどりのカーテン育て方教室を次のとおり開催します。受講された方には、ゴーヤの苗を差し上げます。

なお、講義の内容は、昨年のみどりのカーテン育て方教室と同様のものを予定しております。

  1. 日時 平成29年4月27日(木) 午後1時30分開講 午後3時30分終了予定
  2. 会場 青少年センター2階 工芸室(伊勢原市田中316-1)
  3. 講師 恵泉女学園園芸短期大学名誉教授 村上陸朗 氏
  4. 定員 市内在住の方25名(先着順)
  5. 参加費用 無料
  6. 申込方法 担当へ電話で申込みください。
  • 受付期間 平成29年4月17日(月)から同月25日(火)まで、各日午前8時30分から午後5時00分まで(正午から午後1時00分まで除く。)受け付けます。
  • 担当 環境対策課(電話 0463-94-4711(代表)) 

育て方教室チラシ[PDF:278KB]

平成28年開講 みどりのカーテン育て方教室について

平成28年5月6日(金曜日)、初めてみどりのカーテンに挑戦する方や過去に失敗してうまく育たなかった方を対象に、恵泉女学園短期大学名誉教授の村上睦朗先生を講師としてお招きし、みどりのカーテン育て方教室を開催しました。

村上先生作成資料[PDF:196KB]

今回の教室で学んだこと

1「みどりのカーテン」の効果

掲載1

過去の実験結果で都内の小学校の教室内が場所によっては10度近く下がったことを例に、みどりのカーテンは暑さ対策として有効であることを説明されました。

2「みどりのカーテン」に向いた植物

みどりのカーテンに向いた植物として、次のとおり食用を兼ねるものと鑑賞を兼ねるものを紹介して頂き、それぞれの植物の特徴や、結実・開花のコツ等について教えて頂きました。

 
みどりのカーテンに向いた植物
食用を兼ねる植物
ゴーヤ、ヘチマ、シカクマメ、インゲンマメ
鑑賞を兼ねる植物
アサガオ、西洋アサガオ、琉球アサガオ、クレマチス

3「みどりのカーテン」の育て方

みどりのカーテンの育て方について座学と実演を交えて講義していただきました。
 座学では、プランター栽培と庭栽培のそれぞれの長所や短所、生育に必要なプランターのサイズ等の育てる前に必要な情報や、土や肥料の配分量、ネットの張り方、苗の植え方等の育て始めの際に必要な情報や、追肥のしかた、実がよくなるような摘心のしかた、害虫駆除の方法等の育ち始めてからの情報等、みどりのカーテンを育てる際に必要な知識を多岐にわたり講義していただきました。
 その後、実際にプランターで土と肥料を混ぜ込み、苗を植えるところまで実演して頂きました。座学だけではわからない、土や肥料の種類や見た目、土と肥料の混ぜる順番や苗の植え方を理解することができました。
 講義の合間には参加者から多数の質疑があり、熱心な姿が印象的でした。

参加者の感想

アンケートを実施したところ、多くの方がみどりのカーテンの育て方についての理解を深め、新しく学べた事があったとの回答でした。特に土と肥料の配分量についてと、アブラムシに牛乳を吹き付けることで退治できることは多くの方にとって新しい知識となったようです。
 また、今回のみどりのカーテン育て方教室で学んだ事をいかし、今年はぜひみどりのカーテンの育成に挑戦したいとの声が数多く聞かれました。

掲載2     掲載3

みどりのカーテン作戦について

伊勢原市では節電や温暖化防止対策を目的として「みどりのカーテン作戦」と名付け、みどりのカーテンの普及行動を行っています。その取組の一つに市内の小中学校をはじめとする公共施設の壁面にネットを張り、そこにアサガオやゴーヤなどのつる性植物を這わせることで暑さを和らげ、節電対策をしています。伊勢原市の公共施設のみどりのカーテンは、障害者就労施設等で育てられた苗を使用し、施設管理者や児童生徒が水やりをするなど、さまざまな人の力が結集して作られています。
 また、市民の方々の「みどりのカーテン作戦」への参加としては、これまで800件の世帯にネットを配付し、多くの方々にみどりのカーテンに挑戦して頂きました。
 今回の教室参加者の方々や公共施設におけるみどりのカーテンの育成記録を、ホームページや市の催物で御紹介してまいります。

関連ワード

お問い合わせ

経済環境部 環境対策課環境衛生係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2142・2145・2146)
FAX:0463-95-7613

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード