インフルエンザの警報が発令されました

公開日 2017年02月01日

最終更新日 2017年02月02日

2017年第4週(1月23日~1月29日)の感染症発生動向調査で、インフルエンザの定点あたりの報告数が[43.40]となりました。警報レベルの基準値である[30]を上回ったことから、神奈川県平塚保健福祉事務所秦野センターより、管内(秦野市・伊勢原市)に警報が発令されました。この警報は、大きな流行が発生しつつあると疑われることを意味します。

インフルエンザは、感染者の咳や唾液に含まれるウイルスを吸い込むことで感染し、毎年1~3月頃に流行の最盛期を迎えます。

インフルエンザの主な症状は、発熱・頭痛・全身の倦怠感・関節痛などが現れ、咳、鼻水などが前後して続き、軽快するまで約1週間を要します。

感染を予防するためには、できるだけ人混みは避けるとともに、手洗いを励行し、マスクの着用、咳エチケットを心がけましょう。

インフルエンザの予防や手洗いの方法についての案内を作成しましたので、みなさん一緒に予防していきましょう。

手洗い場所周辺に張りましょ う。

お問い合わせ

保健福祉部 健康管理課健康づくり係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:6111・6112)
FAX:0463-93-8389

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード