エコアクション21について

公開日 2017年03月01日

最終更新日 2017年03月01日

第二次伊勢原市環境基本計画では、市内事業者のエコアクション21取得の推進をしています。

エコアクション21の制度について御紹介します。

エコアクション21とは

持続可能な社会を構築するためには、あらゆる主体が積極的に環境への取り組みを行うことが必要です。そのため、事業者は製品・サービスを含む全ての事業活動の中に、省エネルギー、省資源、廃棄物削減等の取り組みを行うことが求められています。

エコアクション21のガイドラインには、全ての事業者が、環境への取組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取組む仕組みを作り、取組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について策定されています。

そのガイドラインに基づき、取組みを行う事業者を、審査し、認証・登録する制度が、エコアクション21認証・登録制度です。

エコアクション21のガイドライン[PDF:1MB]

 

エコアクション21の3つの特徴

エコアクション21は大きく分けて3つの特徴があります。

  1. 取組みやすい環境経営システム
    中小企業者でも取組みやすいよう環境経営の仕組み(環境経営システム)のあり方を定めています。
  2. 具体的な環境への取組みを求めている
    環境経営にあたり、必ず把握すべき環境負荷として、二酸化炭素排出量、廃棄物排出量、総排水量、化学物質使用量を上げており、削減するための取組み例を分かりやすく記載しています。
  3. 環境報告(環境コミュニケーション)に取組む
    環境への取組みの結果を「環境活動レポート」としてまとめ、公表します。

エコアクション21中央事務局について

さらに詳しくエコアクション21について知りたい方は、エコオフィス21の認証・登録事業を行っているエコアクション21中央事務局のホームページをご覧下さい。

エコアクション21中央事務局ホームページ

ホームページでは地域事務局で開催されるセミナーや講習会の情報や日程についてもご覧になることができます。

 

お問い合わせ

経済環境部 環境対策課環境衛生係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2142・2145・2146)
FAX:0463-95-7613

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード