弾道ミサイル落下時の行動について

公開日 2017年04月24日

最終更新日 2017年12月04日

昨今の国際情勢により、弾道ミサイルが発射される場合には、全国瞬時警報システム(Jアラート)を介して、緊急情報を市民の皆様にお知らせします。

国民保護サイレンや緊急速報メール等により、緊急情報を入手したときは、直ちに次の行動をとってください。

屋外にいる場合

  • 近くの建物や地下街などに避難する。(注1)
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

 (注1)できれば頑丈な建物が望ましいものの、近くになければ、それ以外の建物でも構いません。

屋内にいる場合

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

こうした情報伝達の流れや注意点、武力攻撃やテロ等から身を守るためにどのように行動すべきか等は、国民保護ポータルサイト(内閣官房)に掲載されていますので、御確認をお願いします。

弾道ミサイル落下時の行動
弾道ミサイル落下時の行動について
弾道ミサイル落下時の行動 (簡易版)
弾道ミサイル落下時の行動について(簡易版)

 ※画像をクリックすると「弾道ミサイル落下時の行動について」が表示されます。

関連情報

お問い合わせ

企画部 危機管理課危機管理係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2611・2612・2613)
FAX:0463-95-7613

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード