平成29年度市内農畜産物の放射線濃度測定関連情報

公開日 2017年07月11日

最終更新日 2017年07月11日

神奈川県内で生産された農畜産物について、県が検査を行っています。

表中の「(数値)未満」は、放射能濃度が当該数値で表される定量(検出)限界値(検知が可能な最低濃度)に満たないことです。

「不検出」とは、放射能濃度が定量(検出)限界値に満たないことです。

過去の市内農畜産物の放射線物質検査結果は、

をご覧ください。

県内で生産された食品の検査結果については、神奈川県 【平成29年度】県内で生産された食品の放射性物質検査結果(外部リンク)をご覧ください。

【表中の数値の記載について】

放射性セシウムの合計値については、セシウム134とセシウム137を合計して、上位から3桁目を四捨五入した有効数字2桁で記載しています。(平成24年3月15日付け食安発0315第4号厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知)

なお、セシウム134およびセシウム137の個別の定量値については、参考値(有効数字3桁)として記載しています

市内で生産された牛乳の放射能濃度について

神奈川県は、市内で採取した原乳の放射線濃度検査を行いました。

原乳放射能濃度検査表
採取日 放射性セシウム[ベクレル/キログラム]
セシウム134 セシウム137 合計
6月8日 0.19未満 0.20未満 0.39未満
4月20日 0.17未満 0.22未満 0.39未満
食品衛生法上の基準値 50

お問い合わせ

経済環境部 農業振興課鳥獣・営農係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2111・2114・2115)
FAX:0463-95-7613