【平成29年7月】エネルギー不足に注意して、イキイキと輝く自分に

公開日 2017年07月19日

最終更新日 2017年10月19日

エネルギー不足に注意して、イキイキと輝く自分に 

毎日暑いが続きますね 。体のラインが気になり、ダイエットなどをスタートした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
伊勢原市で昨年度実施した健康調査の結果では、20歳代の 女性の6人に1人が「やせ」の状態にありました( 16.7% )。これは5年前の12.5% と比較しても増えていま す。
特に若い女性は、エネルギー不足よる「やせ」で生涯に影響する様々な疾病※ につながることあります。あなたの身体は大丈夫ですか?
※冷え・貧血・無月経・若年性更年期障害・ロコモティブシンドーム (筋肉量が減少し、筋肉、関節、骨などの運動器が衰えてしまうこと )・骨粗しょう症(骨がもろくなること)などのリスクがあります。

まずは 、ご自分のBMI(体格指数)を確認し、「肥満」だけではなく「やせ」の方も、標準体重をめざしていきましょう。(身長はcmでなく、「m」で計算します)
BMI(体格指数)=体重 (kg) ÷身長 (m) ÷身長 (m)
例:身長 150センチメートル 、体重50キログラム の方の場合 50÷ 1.5 ÷1.5 ≒22.2   標準です
18.5以上 25.0未満 であれば 「標準」 。これより低いと「 やせ」、高いと「 肥満」 です 。


 例)ある日の M美さん(28歳 、158cm 、45kg 、BMI18.0)の食事です。

朝食:野菜ジュース+ヨーグルト +はちみつ

昼食:クロワッサン1個 +野菜サラダ+インスタント野菜スープ
おやつ:チョコチップクッキー 2枚 +コーヒー
夕食:チキンサラダ+ ゆで卵+ ドレッシング+オレンジジュース

→ 一見バランスの良さそうな 野菜中心の 食事でも、糖質が足りないエネルギー不足です。 適度に糖質(ご飯やパン、めん類など)を取らないと、脂肪やタンパク質の摂取量が増えがちになり、体脂肪や血液中のコレステロールなどが増えやすくなります。また、体の中でエネルギー不足が続くと、体の中のタンパク質を分解して補おうとするため、筋肉力の低下にもつながります。
<改善アドバイス>

  • 朝食のヨーグルトにシリアルやバナナ などをプラスしましょう
  • 夕食にご飯をプラスしましょう (体重 が増えることに抵抗 があれば、半膳から など 少しずつ増やしましょう。女性のご飯目安量は、お茶碗1杯で約150gです  )
  • 主食・主菜・副菜をバランス良く整えた食事を基本に、仕事や日ごろの活動で使ったエネルギーをしっかり食事で補いましょう。

 

  食育のページの簡単料理レシピを月1回程度アップしています。ぜひ、作ってみてください。  

  • 食育のページ 簡単料理レシピの紹介

  キャベツとじゃがいものミルク味噌汁

  • 伊勢原市役所のfacebookにも食育インフォメーションをアップしています。よろしければ、「いいね!」や、「シェア」をしていただけると幸いです。

  伊勢原市facebook

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課健康づくり係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:6111・6112・6113)
FAX:0463-93-8389