伊勢原市ニュースリリース【報道資料】(大山フィールドワークアイデアソン 平成29年12月No.329)

公開日 2017年12月05日

最終更新日 2017年12月05日

大山フィールドワークアイデアソン ~若者が観光の新企画を提案~

伊勢原・秦野・厚木市の学生が、大山を盛り上げるため、スマートフォンアプリ開発に挑戦する「大山アプリ塾」の一環で行うワークショップです。アイデアソンとは、特定のテーマについてグループごとでアイデアを出し合い、まとめていく形式のイベントです。
 午前中は、参加者が3つのコースに分かれ、地元住民お薦めの観光ルートを巡りながら、地域の魅力や歴史、現状の課題などについてレクチャーを受けます。午後からは全員でアイデアソンを行い、各自の発見を生かし、大山の新たな観光企画を発表します。出された企画はその場で順位付けを行い、最優秀アイデア賞に選ばれた人には大山名物詰め合わせなどの特典があります。
 対象は、3市内在住・在学の高校生・大学生・専門学生30人(申込順)。参加無料(交通費は別途)。

チラシ[PDF:275KB]

日時

12月17日(日曜日)午前9時~午後6時

場所

集合=大山ケーブル駅バスロータリー

主催

平成大山講プロジェクト推進協議会

問い合わせ

商工観光課 電話0463-94-4711(内線2130)

地図

集合=大山ケーブル駅バスロータリー

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711 (内線:4151・4152・4153)
FAX:0463-93-2689

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード