乳がんの早期発見・早期治療のため、自己触診をしましょう

公開日 2017年12月04日

最終更新日 2017年12月04日

乳がんは乳腺にできるがんで、女性に一番多いがんです。
40から50歳代をピークに発症や死亡が増加しており、子育てや介護、仕事などに女性として一番忙しい時期にかかりやすい病気です。
乳がんは乳房に固いしこりをつくる病気です。しこりを感じなくても、乳頭から血液が出てきてみつかることもあります。
乳がんは、小さいうちに見つけると、治る可能性の高い病気です。

定期的な検診に加えて、乳房にしこりや異常がないか乳房をさわるセルフチェック乳がん自己チェック[PDF:240KB]をすることが重要です。
検診を受ける年齢に達していなくても、入浴する際に毎月、セルフチェックをしましょう。

自己触診と並行して、必ず検診を受けましょう。

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課地域医療係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:6116・6117)
FAX:0463-93-8389

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード