在外選挙制度について

公開日 2018年08月07日

最終更新日 2018年08月14日

在外選挙制度について

国外に居住している満18歳以上の日本国民が、在外選挙人名簿に登録されることで、在外公館(大使館や総領事館)で国政選挙の投票ができる制度です。

国外にいて投票するためには、事前に在外選挙人名簿への登録を申請し、「在外選挙人証」の交付を受けることが必要です。

対象選挙

衆議院議員選挙・・・小選挙区および比例代表

参議院議員選挙・・・選挙区および比例代表

在外選挙人名簿への登録申請について

在外選挙人名簿への登録の申請については、これまで出国先の在外公館等において行うものに限られていましたが(在外公館申請)、平成30年6月1日より、国外への転出届を提出する際に市区町村の窓口でも申請を行えるよう、制度の見直しが行われました(出国時申請)。

出国時申請

国外に転出する前に国外への転出届を提出する際に、市区町村の窓口で在外選挙人名簿への登録申請を行うことができます。

申請できる方

伊勢原市の選挙人名簿に登録があり、伊勢原市に住民登録があり、国外への転出届をした方です。

申請期間

申請ができる期間は、国外転出届を提出した日から転出届に記載された転出予定日までの間です。時間は午前8時30分から午後5時までです。(ただし、土曜日・日曜日・祝日、年末年始の閉庁日は受付できません。)

申請窓口

伊勢原市役所3階の選挙管理委員会事務局の窓口においでください。窓口での本人確認が必要になりますので、郵送、ファックス、メール等で申請を行うことはできません。

申請者本人による申請のほか、申請者から委任を受けた方も申請手続きを行うことができますが、その場合には申出書等が必要となります。

申請に必要な書類

申請書や申出書には申請者本人の署名欄がありますので、必ず申請者本人が自署してください。

(1)申請者本人が申請する場合

・在外選挙人名簿登録移転申請書

・旅券、マイナンバーカード、運転免許証等の顔写真付きの本人確認書類

(2)申請者から委任を受けた方が申請する場合

・在外選挙人名簿登録移転申請書

・申請者本人の旅券、マイナンバーカード、運転免許証等の顔写真付きの本人確認書類

・申請者本人からの申出書(委任状)

・申請者から委任を受けた方の旅券、個人番号カード、運転免許証等の顔写真付きの本人確認書類

在留届及び在外選挙人証の交付
・在留届で国外の住所を確認してから在外選挙人名簿に登録しますので、国外に居住後、速やかに在留届を提出してください。
・在外選挙人名簿に登録された方には、在外選挙人証を在外公館を経由して交付します。在外選挙人証は選挙で投票する際に必要ですので大切に保管してください。
申請書類様式

在外選挙人名簿登録移転申請書様式[PDF:67KB] 

在外選挙人名簿登録移転申請書様式(記入例)[PDF:76KB]

申出書様式[PDF:42KB]

申出書様式(記入例)[PDF:45KB]

在外公館申請

国外に居住している満18歳以上の日本国民で、引き続き3か月以上、その方の住所を管轄する領事官(大使や総領事)の管轄区域内に住所を有する方は、在外公館の領事窓口において在外選挙人名簿への登録申請を行うことができます。

※3か月未満の時期でも登録申請はできます。
※申請書類は、在外公館にあります。また、総務省のホームページからも入手できます。

在外投票の方法

在外選挙人名簿に登録されますと次の3つの投票方法により投票できます。いずれの投票にも在外選挙認証が必要です。

(1)在外公館投票

・投票記載場所を設置している在外公館で、在外選挙人証と旅券などを提示して投票ができます。投票記載場所を設置している在外公館や投票できる期間・時間は、管轄の在外公館にお問い合わせください。

(2)郵便投票

・在外選挙人名簿に登録されている国内の市区町村選挙管理委員会あてに、投票用紙の請求書と在外選挙人証を国際郵便等で送付することで、投票用紙を取り寄せ投票することができます。
・送られてきた投票用紙等に必要事項を記載のうえ、日本国内の投票日の投票所閉鎖時刻(通常午後8時)までに投票所に到達するよう、登録先の市区町村選挙管理委員会あてに送付してください。
・郵送に要する日数などを考慮し、できるだけ早めに請求、送付を行うようにしてください。
〔関連手続等〕
・投票用紙等は在外選挙人証に記載されている住所に送られますので、住所が変更した場合は変更届を提出してください。
・在外選挙人名簿登録申請書に「住所以外の送付先(在留届の緊急連絡先)」を記載することで、住所以外の送付先において投票用紙を受け取ることができます。
・選挙の候補者名及び所属政党の名称の一覧、名簿届出政党等の一覧は、在外公館に備え置かれるとともに、総務省のホームページにも掲載されます。

(3)日本国内における投票

・選挙のときに一時帰国した場合や帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間は、国内で行われる通常の期日前投票や不在者投票と同じ手続きで投票することができます。また、国内の指定された投票所で当日投票することもできます。
・手続きは、それぞれの国内における投票方法と同じですが、在外選挙人証の提示が必要となります。
・帰国しての投票の手続きについては、あらかじめ市区町村選挙管理委員会にお問い合わせください。

関連ワード

お問い合わせ

選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局選挙係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:3151)
FAX:0463-93-5575

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード