伊勢原市ニュースリリース【報道資料】(高部屋神社 汐汲み神事 平成30年8月No.164)

公開日 2018年08月28日

最終更新日 2018年08月29日

高部屋神社 汐汲み神事 ~ 150年ぶりの復活神事を今年も挙行 ~

市内下糟屋にある高部屋神社は、日本遺産「大山詣り」の構成文化財であり、本殿などが国登録有形文化財に登録されています。拝殿の彫刻に浦島太郎や乙姫が刻まれるなど、海にゆかりの深い同神社では、9月16日(日曜日)の例大祭で、参道を清めるための「浜砂撒き」が行われます。
 例大祭に先立ち、「汐汲み神事」が大磯照ヶ崎海岸で執り行われます。平安時代から明治初期まで続けられた伝統行事で、昨年150年ぶりに復活しました。当日は役員らが海岸で海水をくみ取り、海藻や浜砂を採取します。

日時

9月8日(土曜日)午前10時15分~10時45分※悪天候の場合は9月13日(木曜日)

場所

大磯照ヶ崎海岸(中郡大磯町大磯)

主催・問い合わせ

高部屋神社

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711 (内線:4151・4152・4153)
FAX:0463-93-2689