伊勢原市ニュースリリース【報道資料No.196】第38回大山火祭薪能

公開日 2018年09月21日

最終更新日 2018年09月25日

※平成30年9月21日に報道機関に発表した情報です

第38回大山火祭薪能 ~ 自然と伝統芸能が織りなす幽玄美 ~

秋深まる大山を背景に、かがり火が照らす舞台で演じられる大山能狂言が観衆を幽玄の世界へいざないます。大山能狂言は300年の歴史を持つ神事芸能で、市重要文化財にも指定されています。
 市と観世合作の能「道灌」の仕舞が両日披露されるほか、重要無形文化財総合指定保持者である観世清和氏が福島の鬼女の伝説をテーマにした能「安達原 白頭」を、人間国宝の山本東次郎氏が狂言「清水」を演じます。

日時

10月2日(火曜日)・3日(水曜日)午後4時から(開場は午後3時) ※荒天中止

場所

大山阿夫利神社社務局 能楽殿(伊勢原市大山355)

主催・問い合わせ

火祭薪能実行委員会(大山阿夫利神社社務局内) 電話 0463-95-2006

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711 (内線:4151・4152・4153)
FAX:0463-93-2689