平成30年度防災講演会を開催します

公開日 2018年11月07日

最終更新日 2018年11月07日

防災講演会チラシ

近年、全国各地で発生する大規模災害では、尊い命が奪われています。また、避難所生活を余儀なくされた方々もおられます。一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

さて、平成30年7月豪雨災害で甚大な被害が発生した岡山県総社市に対し、本市は「災害時における相互応援に関する協定」に基づく人的・物的支援を行っています。

このたび、片岡総社市長を講師にお招きし、被災経験を踏まえた御講演を賜る運びとなりました。

多くの市民の皆様に、是非、御参加いただきますようお願いします。

日時

平成30年11月23日(金曜日・祝日)14時30分開演(14時から開場)

  • 第一部:防災講演会(講師:片岡総社市長)<14時30分から15時50分>
  • 第二部:市職員による総社市災害派遣に係る活動報告<16時00分から16時30分>
  • 第三部:自主防災リーダー養成研修会(第4回)<16時40分から17時00分>※対象者:自治会長、自主防災リーダー

講師紹介

岡山県総社市 片岡 聡一(かたおか そういち)市長

総社市長写真
 
1959年 総社市生まれ
1984年 青山学院大学法学部卒業
1996年 内閣総理大臣公設第一秘書に就任
2000年 内閣府行政改革・沖縄北方担当大臣秘書官に就任
2007年 総社市長に当選(現在3期目)

2011年

 「総社市障がい者千人雇用推進条例」を制定。障がい者の就労支援で先進的な取組みを行い,制定時180人だった障がい者の就労者数は,2017年5月29日に目標の千人達成。今後は1500人雇用を目指し、就労条件や生活水準の質の高さを求めていく。このほかにも,市内どこでも300円タクシー「雪舟くん」や,自らが代表を務める市営農業商社の設立,英語・定住特区構想など,その独創的な取り組みは,枚挙にいとまがない

2017年9月

全国に先駆け「総社市大規模災害被災者の受入れに関する条例」を制定し、新たな災害支援の形を構築していく
2010年 倉敷芸術科学大学客員教授に就任
2017年6月 全国市長会 経済委員長に就任
2017年8月 全国空き家対策推進協議会 会長に就任

定員

 先着1,000名(入場無料) ※申込みは不要です。当日、直接会場へお越しください。

会場

 伊勢原市民文化会館大ホール (伊勢原市田中348番地)

 ◇手話通訳、要約筆記、車椅子席、親子コーナーを用意しています。 

アクセス

【徒歩】

  • 小田急線伊勢原駅より徒歩13分

【バス利用】

  • 伊勢原駅南口4番線から「東海大学病院行き」バスに乗車し、「行政センター前」で下車、徒歩3分。
  • 伊勢原駅北口3番線から「行政センター経由日向薬師行き」バスまたは「七沢行き」バスに乗車し、「行政センター前」で下車、徒歩3分。
  • 伊勢原駅北口2番線から「愛甲石田駅行き」バスに乗車し、「伊勢原市役所北口」で下車、徒歩3分。

 ※ 詳しい時刻表は、神奈川中央交通(株) 時刻表・運賃案内(外部リンク)にて御確認ください。

  • 駐車場は台数に限りがありますので、公共交通機関を御利用ください。

防災講演会チラシ

防災講演会の御案内[PDF:324KB]

関連情報

 岡山県総社市ホームページ

 伊勢原市民文化会館ホームページ

関連ワード

お問い合わせ

企画部 危機管理課危機管理係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2611・2612・2613)
FAX:0463-95-7613

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード