伊勢原市ニュースリリース【報道資料No.26】相模国府祭

公開日 2019年04月19日

最終更新日 2019年04月24日

※平成31年4月19日に報道機関に発表した情報です

相模国府祭 ~ 三之宮比々多神社を含む相模国六社が集結 ~

相模国府祭(こうのまち)は、奈良・平安時代の国司が相模国の神々を参拝した事が起源といわれており、県の無形民俗文化財に指定されています。一之宮寒川神社、二之宮川勾神社、三之宮比々多神社、四之宮前鳥神社、一国一社平塚八幡宮の神輿が総社六所神社に集結し、盛大に開催されます。
 東の寒川神社・西の川勾神社が互いに「相模国内一番の神社は当社だ」と主張し、その争いを比々多神社が仲裁するまでを、虎の皮を用いて儀式化した神事「座問答」も見どころです。
 また、座問答が行われる神揃山への道中は比々多神社の「暴れみこし」が披露されます。かつて、畑や田んぼの中も構わず進んだことに由来し、踏まれた田畑は実りが良かったと伝えられています。

日時

5月5日(日曜日)午前9時30分~午後5時 ※座問答は正午から

場所

総社六所神社(大磯町国府本郷935)
 神揃山(大磯町国府本郷1408-2)
 馬場公園(大磯町国府本郷1102)

主催・問い合わせ

相模国府祭類社会(総社六所神社内) 電話 0463-71-3737

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4864
FAX:0463-93-2689
このページの
先頭へ戻る