コンテンツ

イベントアルバム2015年8月

公開日 2015年08月31日

ここでは、科学館で行われた工作・実験教室や天体観察会などのイベントの写真を紹介していきます。

2015年8月

科学実験教室「線香花火を作って楽しもう」を開催しました(8月27日)

7月にも開催された線香花火の実験教室。この教室の内容を簡単にし、より多くの人に楽しんでもらえる教室を開催しました。当日はたくさんの人が挑戦し、みんな苦労しながら和紙をこよって線香花火を作りました。

きれいにパチパチとならないこともあったけど、自分で花火を作れる教室は大人気でした。

線香花火を作って楽しもう

たくさんの人が参加してくれました。

線香花火を作って楽しもう2

和紙に火薬を入れて、「こより」を作りました。

線香花火を作って楽しもう3

実際に点火。うまくいくかな?

線香花火を作って楽しもう4

パチパチと爆ぜると、
驚きの声があがりました。

親子ふれあい教室「びっくり風船を作ろう」を開催しました(8月20日)

中央マドカ幼稚園の先生にご協力いただき、年中~年長相当児とその保護者を対象に親子ふれあい教室を開催しました。

絵本の読み聞かせを行った後、ビニール袋に空気を吹き込むと、もこもこと大きな風船ができあがる「びっっくり風船」を作りました。風船に好きな絵を描いたり、風船の中にかざりを入れたり、参加者は楽しそうに自分だけのびっくり風船を作りました。

びっくり風船を作ろう

絵本の読み聞かせもありました。
どんなおはなしかな?

びっくり風船を作ろう2

びっくり風船の作り方を教わりました。

びっくり風船を作ろう3

自分の力で一生懸命作りました。

びっくり風船を作ろう4

びっくり風船の完成です!
息を吹くと、ぷくーっと風船がふくらみました。

天文おはなし会「天の川を見てみよう」を行いました(8月20日)

プラネタリウム特別企画として、天文おはなし会を開催しました。テーマは「天の川を見てみよう」。なぜ、8月に天の川なんでしょうか。実は、今年の8月20日は、日本の旧暦に基づいた「伝統的七夕」の日だったのです。

今回は、七夕と言うことで天の川やその周辺に見える星座のおはなしをしました。

天文おはなし会

どんなおはなしを聞けるのかな?

天文おはなし会2

実は今年、土星の輪っかが
とてもきれいに見える年なんです。

東京工芸大学工学部電子機械学科、西湘高校理科部によるロボットの体験操縦を行いました(8月19日)

ロボットフェスティバルの一環で、東京工芸大学と西湘高校理科部にご協力いただき、ロボットの展示と体験操縦を行いました。

東京工芸大学では、参加者がコースを考えた迷路を、マイクロマウスというロボットが自ら道を選んで進む体験ができました。マイクロマウスが迷うような複雑なコースを作ろうと、何度も体験する子たちもいました。

西湘高校では、レゴブロックを使って好きな形にロボットを組み立てることができました。思い思いのロボットを作り、最後には操縦もできました。

ロボットフェスティバル4日目

東京工芸大学のブース。
マイクロマウスは数秒でゴールしてしまうことも。

ロボットフェスティバル4日目2

どういうコースにしようかな。

ロボットフェスティバル4日目3

マイクロマウス、スタートです!。

ロボットフェスティバル4日目4

小さなロボットだけど、
迷いながら自分で正しい道を見つけました。

ロボットフェスティバル4日目5

西湘高校のブース。
ロボットに、レゴブロックをつけていきました。

ロボットフェスティバル4日目6

レゴを使った射的ゲームもありました。

ロボットフェスティバル4日目7

オリジナルロボットの完成です。
うまく操縦できるかな。

ロボットフェスティバル4日目8

ロボットが自動で、黒い道の上を走りました。

神奈川工科大学ロボット・メカトロニクス学科、平塚工科高校によるロボットの体験操縦を行いました(8月12日)

ロボットフェスティバルの一環で、神奈川工科大学と平塚工科高校にご協力いただき、ロボットの展示と体験操縦を行いました。

神奈川工科大学では、体重移動によるロボットの操縦で、ボーリングのゲームが体験できました。バランスを取るのが難しく、ロボットがあっちに行ったりこっちに行ったり。ボーリングのピンを倒せた子は、とても嬉しそうにしてました。

平塚工科高校では、ロボットの技術を使った、たくさんの電子仕掛けのおもちゃで遊ぶことができました。連打の回数を競うものや体内時間の測定ができるものなど、みんな夢中になって遊んでいました。

ロボットフェスティバル3日目

神奈川工科大学のブース。
ロボットでボーリングゲームをしました。

ロボットフェスティバル3日目2

重心をうまく動かすのは難しかったです。

ロボットフェスティバル3日目3

上手く操縦すると、ロボットがピンを
倒してくれました。

ロボットフェスティバル3日目4

ピンをすべて倒してみよう!

ロボットフェスティバル3日目5

平塚工科高校のブース。
コントローラーを使って動かす物もありました。

ロボットフェスティバル3日目6

ボタン連打の回数を競いました。
楽しいけど、指がとっても疲れました。

ロボットフェスティバル3日目7

パソコンやテレビ画面を使った物など、
体験できる物がたくさんありました。

ロボットフェスティバル3日目8

大勢の人でとても賑わいました。

「アトムを探せ!」を開催しました(8月12日)

「さがみロボット産業特区」のイメージキャラクター「鉄腕アトム」のフィギュアが子ども科学館にやってきました。当日は7体のフィギュアを科学館のどこかに隠し、それを参加者に見つけてもらう「アトムを探せ!」という神奈川県のイベントを開催。参加者は科学館の中を回って、隠れたアトムを探しました。

アトムを探せ!

アトムのフィギュアを見つけて、スタンプを押しました。

アトムを探せ!2

最初のスタンプを押して、ゲームスタート。
全部見つけられるかな?

東海大学理学部情報数理学科によるロボットの体験操縦を行いました(8月9日)

ロボットフェスティバルの一環で、東海大学理学部にご協力いただき、ロボットの展示と体験操縦を行いました。ロボットの実演では、カメラで色を識別し、ロボットが自分で赤いボール紙を倒すところを見ました。訪れた子どもはロボットが動く様子に目を奪われていました。

また、AIBOの操縦をやらせてもらったり、クモ型ロボットが動く様子を見たりして、子どもはとても楽しんでいました。

ロボットフェスティバル2日目

ロボットが赤い色を目指して歩きます。

ロボットフェスティバル2日目2

AIBOを自分で操縦しました。

ロボットフェスティバル2日目3

目の前で、ロボットについて教えてくれました。

ロボットフェスティバル2日目4

クモ型ロボット、どうやって動くのかな?

科学実験教室「水中シャボン玉のふしぎ」を開催しました(8月6日)

東海大学の協力で、水中にシャボン玉を作る実験教室を開催しました。シャボン玉といえば、空気中にできるのが一般的。それがあることをするだけで水中にできるというので、参加者は面白そうに実験をしていました。

水中シャボン玉を作るのはコツがいるようで、最初は作るのに四苦八苦していた参加者も、すぐに上達して簡単に水中シャボン玉を作っていました。

科学実験教室「水中シャボン玉のふしぎ」

最初に原理を説明してもらいました。

科学実験教室「水中シャボン玉のふしぎ」2

シャボン玉を作るのにはコツがいるので、
最初は練習です。

科学実験教室「水中シャボン玉のふしぎ」3

上手に作れるかな。

科学実験教室「水中シャボン玉のふしぎ」4

色つきのシャボン玉にも挑戦!

ロボットフェスティバルに、ロボットゆうえんちがきてくれました!(8月3日)

夏休み期間中に行っている「ロボットフェア」のイベントの一つ、近隣の企業や大学の方にロボットの展示や体験操縦をしてもらう「ロボットフェスティバル」。

8月3日は、株式会社MANOI企画のロボットゆうえんちがきてくれました。ロボットステージでは、人間のように踊るロボットと一緒に体操したり踊ったり、ドローンが映す映像を見せてもらったり、楽しい時間を過ごしました。体験操縦ではドローンを動かすこともできたので、参加者はとても嬉しそうにしていました。

ロボットフェスティバル初日

ドローンのカメラを見せてもらいました。
とてもきれいな映像が見えました。

ロボットフェスティバル初日2

ドローンの体験操縦。
すごいジャンプ力!

ロボットフェスティバル初日3

みんなでロボットと一緒に踊りました。

ロボットフェスティバル初日4

歩くことができるロボット

科学実験教室「いろいろなミュータントの観察」「研究室を見学してみよう」で、東海大学の研究室に行ってきました(8月1日)

普段は入ることのできない東海大学医学部の研究室を案内してもらい、大学とはどういうことを研究しているのか、また、どういった道具を使っているのか、みんなで学んできました。みんな、初めて見る大学の顕微鏡や研究のサンプルに、とても興味を示していました。

最後には大学の先生や学生さんとの交流会を開いてもらい、滅多に聞くことのできないお話をたくさんしてきました。

研究室を見学してみよう

顕微鏡を覗かせてもらいました。
とても大きくて立派な顕微鏡、何が見えるかな?

研究室を見学してみよう2

大学での研究内容も教えてもらいました。

研究室を見学してみよう3

学生さんも丁寧に説明してくれます。

研究室を見学してみよう4

最後に、交流会で記念写真を撮りました!

このページの先頭へ

お問い合わせ

教育部 子ども科学館