コンテンツ

イベントアルバム2015年11月

公開日 2015年11月28日

ここでは、科学館で行われた工作・実験教室や天体観察会などのイベントの写真を紹介していきます。

2015年11月

かんたん工作教室「カラー粘土でキャラクターを作ろう」を開催しました(11月28日)

熱で固まる粘土で、マグネットかキーホルダーを作りました。

たくさんのお友達が参加して、粘土をこねて好きなキャラクターや動物の形にしていました。なかには、お寿司のキーホルダーを作る子も。作品の出来映えに、みんな大満足。できあがった物を、嬉しそうに持ち帰っていました。

カラー粘土でキャラクターを作ろう

どんな形にしようかな。

カラー粘土でキャラクターを作ろう2

赤、青、緑などたくさんの色を使いました!

カラー粘土でキャラクターを作ろう3

粘土が硬くて、こねるのが大変でした。

カラー粘土でキャラクターを作ろう4

パンダと、たまごといくらのお寿司!

科学工作教室「廃油からクリスマスキャンドルを作ろう」を開催しました(11月23日)

(株)鈴木油脂さんにご協力いただき、家庭から出た廃油でキャンドルを作る教室を行いました。クレヨンを削り好きな色のキャンドルを作った後は、キャンドル容器をシールやペンでデコレーションしました。

クリスマスにぴったりの素敵なキャンドルが完成しました。使う日が待ち遠しいですね。

廃油からクリスマスキャンドルを作ろう

好きな色のクレヨンを砕き、キャンドルの色をつけます。

廃油からクリスマスキャンドルを作ろう2

廃油とロウを混ぜ溶かしました。

廃油からクリスマスキャンドルを作ろう3

容器に入れたら冷水で冷やします。とてもカラフル!

廃油からクリスマスキャンドルを作ろう4

キャンドル容器をデコレーション。

廃油からクリスマスキャンドルを作ろう5

こんなに素敵なキャンドルができました。

廃油からクリスマスキャンドルを作ろう6

持ってきた廃油は、精製された廃油と交換。
キャンドルは精製後の廃油を使いました。

科学工作教室「火薬ロケットを作ろう」を開催しました(11月22日)

実際に火薬エンジンを使ったロケットを作りました。エンジンの設置から、打ち上げたロケットが落下するためのパラシュート作りまで、すべて自分たちの手で作り上げたロケットは、かっこういいものばかりになりました。

作ったロケットは実際に打ち上げに行きました。ものすごい勢いで飛び上がり、落下するときにきれいにパラシュートが開いたときは、みんな声をあげて喜びました。

火薬ロケットを作ろう

最初は火薬エンジンを取り付けるところから。

火薬ロケットを作ろう2

パラシュート作り。これが難しい!

火薬ロケットを作ろう3

最後にロケットがまっすぐ飛ぶための「羽」作り。

火薬ロケットを作ろう4

打ち上げ会も一緒に行いました。

天体観察会「クーデの日」を開催しました(11月21日)

うっすらと雲はかかっていましたが、望遠鏡で月を見ることができました。クーデ式望遠鏡のほかに、科学館下では他にも望遠鏡を出して観察会をしました。

全体で100人以上の人に楽しんでもらうことができました。

クーデの日2

この日望遠鏡で見れた月の様子です。

クーデの日

寒い中、たくさんの人がきてくれました。

天文工作教室「月と地球を作って、観察しよう!」を開催しました(11月21日)

大山天文同好会の会員を講師にむかえ、天文工作教室を行いました。当日は直径6cmのスチロール球と1.5cmのビー玉を使って、月と地球の模型を作りました。模型を作るために台紙を切ったり、曲がらないよう球体に貼る作業は予想以上に大変でしたが、みんな完成させることができました。

教室終了後は、同日開催された天体観察会「クーデの日」に模型を持って参加して、月と地球の距離感や見え方などを確認しました。

月と地球を作って、観察しよう

細かいところを切るのに、神経を使いました。

月と地球を作って、観察しよう2

切ったあと、しわにならないよう球体に貼っていきます。

月と地球を作って、観察しよう3

完成品を使って、地球と月の距離を確認。

月と地球を作って、観察しよう4

月についても教えてもらいました。

科学工作教室「競技用紙飛行機を作ろう」を開催しました(11月21日)

形どおりに切った紙を何枚も重ねて、丈夫な飛行機を作りました。パーツの組み立てがプラモデルのようで、のり付けなど難しい箇所もありましたが、みんな上手に作ることができました。

作った紙飛行機の飛行会は12月5日です。今から楽しみですね。

競技用紙飛行機を作ろう

紙を切り取ってのりづけし、頑丈な飛行機を作りました。

競技用紙飛行機を作ろう2

ししゃも先生から、
飛行機が飛ぶ仕組みについても教えてもらいました。

かんたん工作教室「どんぐり細工を作ろう」を開催しました(11月14日)

どんぐりや木の実のカサを使った工作教室に、たくさんのお友達が参加してくれました。最初に木の実やどんぐりの種類について勉強したあと、作り方を教わってから実践です。

どんぐりは小さくて、そこに絵を描くのは少し難しそうでしたが、苦労した分、できあがった作品をみんな大事そうに持ち帰っていました。

どんぐり細工を作ろう

あわせて30人近くも参加してくれました。

どんぐり細工を作ろう2

最初に木の実の種類を教えてもらいました。

どんぐり細工を作ろう3

協力してどんぐりに顔を描きます。

どんぐり細工を作ろう4

葉っぱを使ったアレンジをしている子もいました。

「幼児のためのシャボン玉広場」を開催しました(11月5日・6日)

未就学児とその保護者を対象に、絵本の読み聞かせとシャボン玉遊びを行う「幼児のためのシャボン玉広場」を開催しました。

今回参加してくれたのは、0歳から2歳までのお友だち。絵本や紙芝居、手遊びなどを楽しんだあと、シャボン玉を作って遊びました。両日とも天気がよく風も少なかったので、絶好のシャボン玉日より。

みんなでシャボン玉に夢中になって遊びました。

幼児のためのシャボン玉広場

みんなでリズムに合わせて手遊び。

幼児のためのシャボン玉広場2

紙芝居にも興味津々でした。

幼児のためのシャボン玉広場3

「ふー」って、吹けるかな?

幼児のためのシャボン玉広場4

きれいなシャボン玉がたくさんできました。

このページの先頭へ

お問い合わせ

教育部 子ども科学館