コンテンツ

イベントアルバム2016年5月

公開日 2016年05月25日

ここでは、科学館で行われた工作・実験教室や天体観察会などのイベントの写真を紹介していきます。

2016年5月

天文学習会「春の星座を観察しよう」を開催しました(5月21日)

今回の学習会では、5月31日に地球に最接近する火星をテーマに、大山天文同好会の新庄さんにお話をしてもらいました。地球の隣の惑星である火星とは、いったいどんな星なのか。参加者は新庄さんのお話を、楽しそうに聞いていました。当日は夜になるにつれて雲が多くなり、お話の後、望遠鏡を使った天体観察はできませんでした。しかし、望遠鏡を実際に見ながら、天体観察のやり方、望遠鏡の扱い方などを教えてもらって、内容はたっぷりの学習会となりました。

天文学習会「春の星座を観察しよう」

火星クイズ。正解できたかな?

天文学習会「春の星座を観察しよう」2

火星以外の天体についても勉強しました。

天文学習会「春の星座を観察しよう」3

「天体観測室」で天文のおはなしが聞ける
「天体感測室」を開催しました。

天文学習会「春の星座を観察しよう」4

星は見られなかったけど、望遠鏡の仕組みを教えてもらいました。

天体観察会「クーデの日」を開催しました(5月14日)

昼間から夕方にかけ、お天気がはっきりしなかった14日ですが、夜になってみると月がはっきりと見えました。今回観察した天体は、上弦の月と木星です。木星は、ガリレオ衛星が3つまで見えました。4月の「クーデの日」よりもたくさんの方がきてくれて、とても盛り上がった回となりました。

天体観察会「クーデの日」

科学館の外でも望遠鏡をセット。
さっそく観察開始。何が見えるかな。

天体観察会「クーデの日」2

今回、望遠鏡から見えた月の様子です。

天体観察会「クーデの日」3

天体感測室にもたくさんの人が!

天体観察会「クーデの日」4

大人から子どもまで、ご自由にお楽しみいただけます。

かんたん工作教室「カラー粘土でキャラクターを作ろう」を開催しました(5月14日)

何色もある粘土をこねて、思い思いのキャラクターや形を作る工作教室を開催しました。粘土をこねる際は、薄い色から作っていく、違う色を混ぜないなど、注意することも多く、なかなか大変な作業が続きましたが、全員作品を完成させることができました。マグネットやキーホルダー、作った子たちは家で使ってくれているでしょうか。

カラー粘土でキャラクターを作ろう

みんなは何を作るのかな。

カラー粘土でキャラクターを作ろう2

粘土をこねこね。粘土がかたくて、大変でした。

カラー粘土でキャラクターを作ろう3

お寿司やゲームのキャラクターなどができました。

カラー粘土でキャラクターを作ろう4

できた人から順に熱を加えて固めていきます。

子ども科学館フェスティバルを開催しました(5月3日~5日)

ゴールデンウィーク恒例の子ども科学館フェスティバルを開催しました。例年大人気のイベントから、今年初めて行う教室など、もりだくさんの内容で迎えた3日間。晴天だったこともあり、大勢のお客様に来ていただきました。来館者はここ数年で最高を記録し、どのイベントも大盛況で終わりました。

子ども科学館フェスティバル

市内中学校の生徒によるシャボン玉遊び。

子ども科学館フェスティバル2

晴れていたので、太陽観察もばっちりできました。

子ども科学館フェスティバル4

館内では科学サークルによる教室も開催。

子ども科学館フェスティバル3

工作教室もたくさんの人に体験してもらいました。

子ども科学館フェスティバル5

毎年人気のオリジナルまが玉作り。

子ども科学館フェスティバル6

懐かしの先生によるサイエンスショーも大盛り上がり。

子ども科学館フェスティバル7

(株)リコーさんによる、「熱闘!紙バトラー」。
自分の描いたイラストを戦わせました。

子ども科学館フェスティバル8

天文工作教室では、火星のペーパークラフトを
楽しみました。

子ども科学館フェスティバル9

消防車両の乗車体験に大歓声があがりました。

子ども科学館フェスティバル10

支援会員さんによる、「びっくり!実験ワゴン」。
おうちでできる簡単実験を教えてもらいました。

子ども科学館フェスティバル11

キラキラスティック作りも大盛況。

子ども科学館フェスティバル12

プラネタリウムも満員御礼でした。

このページの先頭へ

お問い合わせ

教育部 子ども科学館