コンテンツ

イベントアルバム2016年6月

公開日 2016年06月15日

ここでは、科学館で行われた工作・実験教室や天体観察会などのイベントの写真を紹介していきます。

2016年6月

科学工作教室「ICメロディを鳴らそう」を開催しました(6月11日)

LEDに光を当てることで発電し、オルゴールのように音楽がなりだす工作を楽しみました。

この工作でははんだごてを使った作業もあり、初めてはんだごてを使う参加者は始めのうちとまどっていましたが、先生から分かりやすく丁寧に説明され、見事にこてを使いこなしていました。

全員スムーズに作業が終わり、ICメロディも無事に完成しました。当日は天気もよく、できあがったばかりの作品を太陽光に当てると、きれいな音楽を聞くことができました。

科学工作教室「ICメロディを鳴らそう」

まずは工作の手順を確認しました。

科学工作教室「ICメロディを鳴らそう」2

スピーカーの仕組みも勉強しました。

科学工作教室「ICメロディを鳴らそう」3

はんだごてを使う作業。上手にできるかな。

科学工作教室「ICメロディを鳴らそう」4

ちゃんと音は聞こえるかな。

やさしい実験教室「けんびきょう教室」を開催しました(6月4日)

顕微鏡を使って身近なものを観察する教室を開催しました。こちらは小さい子でも参加できる当日受付の教室です。

今日の教室にも、まだ小学校に入る前の子が参加してくれました。この教室では、水中の微小生物を観察するほか、チラシなど印刷物の切れ端やマリーゴールドの花びらといったものも顕微鏡で拡大してみました。

けんびきょう教室

最初に顕微鏡の使い方を教えてもらいます。

けんびきょう教室2

何が見えたかな?

科学実験教室「水の中の世界を探ろう」を開催しました(6月4日)

田んぼなどの水の中に住んでいる微小生物には、どんなものがいるのか。みなさん、ご存じでしょうか。この教室では、田んぼの水や放置された雨水など、いろんな環境にいる微小生物を、顕微鏡を使って観察しました。

元横浜国立大学の教授である木谷先生を講師にお招きし、微小生物の生態や種類についてたくさん学びました。参加した子は「あれは何ていう名前か」「この生き物は何をしているのか」と質問が飛び交い、たくさんの微小生物を観察できました。

科学実験教室「水の中の世界を探ろう」

自分の手で顕微鏡を調整しました。

科学実験教室「水の中の世界を探ろう」2

顕微鏡で覗いたものを、
テレビ画面に映してみんなで見ました。

科学実験教室「水の中の世界を探ろう」3

スポイトを使って微小生物をスライドガラスへ。

科学実験教室「水の中の世界を探ろう」4

どんな生き物がいるでしょうか。

科学実験教室「水の中の世界を探ろう」5

オビケイソウを発見しました。

科学実験教室「水の中の世界を探ろう」6

違う角度から見たミカヅキモです。

このページの先頭へ

お問い合わせ

教育部 子ども科学館