コンテンツ

イベントアルバム2016年11月

公開日 2016年11月29日

ここでは、科学館で行われた工作・実験教室や天体観察会などのイベントの写真を紹介していきます。

2016年11月

科学工作教室「火薬ロケットを作ろう」を開催しました(11月27日)

火薬エンジンをつけて飛ばすロケットを、厚紙を使って作りました。この日は作ったあと、実際にロケットを飛ばしに行きました。火薬エンジンの力で、ロケットはものすごい勢いで飛び上がりました。自分で発射スイッチを押して飛ばしたので、参加者もとても興奮していました。

科学工作教室「火薬ロケットを作ろう」

見本を見ながら作っていきます。

科学工作教室「火薬ロケットを作ろう」2

火薬エンジンは気をつけて取り扱いました。

科学工作教室「火薬ロケットを作ろう」3

難しいところも協力して行います。

科学工作教室「火薬ロケットを作ろう」4

発射の瞬間。勢いよく飛び上がりました。

科学工作教室「火薬ロケットを作ろう」5

ロケットの設置は慎重に。

科学工作教室「火薬ロケットを作ろう」6

自分でスイッチを押しました。

かんたん工作教室「ベンハムのコマを作ろう」を開催しました(11月26日)

このイベントは、当日の入館者を対象に行う工作教室です。目の錯覚を利用して、不思議な見え方をするコマのおもちゃを作りました。参加者はできあがったコマで楽しそうに遊んでいました。

かんたん工作教室「ベンハムのコマを作ろう」

最初にいろいろな錯覚を体験しました。

かんたん工作教室「ベンハムのコマを作ろう」2

工作のスタートです。

かんたん工作教室「ベンハムのコマを作ろう」3

ハサミで切る作業も上手にできました。

かんたん工作教室「ベンハムのコマを作ろう」4

できあがったコマで早速遊びました。

科学工作教室「競技用紙飛行機を作ろう」を開催しました(11月26日)

ケント紙を接着剤で貼り合わせ、よく飛ぶ紙飛行機を作りました。紙飛行機をしっかりと固定するために洗濯ばさみで固定し、一週間ほどかためます。12月3日には作った飛行機を実際に飛ばす飛行会を行います。きちんと飛ぶか、今から楽しみですね。

科学工作教室「競技用紙飛行機を作ろう」

教室の講師はししゃも先生でした。

科学工作教室「競技用紙飛行機を作ろう」2

紙飛行機の作り方を教えてもらいます。

科学工作教室「競技用紙飛行機を作ろう」3

きれいな形の飛行機にするために、
みんな丁寧に作業していました。

科学工作教室「競技用紙飛行機を作ろう」4

胴体はまっすぐにできたかな。

科学工作教室「廃油からクリスマスキャンドルを作ろう」を開催しました(11月23日)

(株)鈴木油脂にご協力いただき、クリスマスキャンドルを作るイベントを開催しました。参加者はてんぷら油などの廃油を使って、いちからキャンドルを作りました。蝋に色をつけ、容器に流し込んで固めました。クリスマスには、みんなが作ったキャンドルで過ごすのでしょうか。素敵な作品がたくさんできあがりました。

科学工作教室「廃油からクリスマスキャンドルを作ろう」

キャンドル作りスタートです。

科学工作教室「廃油からクリスマスキャンドルを作ろう」2

クレヨンを砕いて、色をつけました。

科学工作教室「廃油からクリスマスキャンドルを作ろう」3

容器に入れて、冷ましていきます。

科学工作教室「廃油からクリスマスキャンドルを作ろう」4

キャンドルの容器も飾り付けしました。

天体観察会「クーデの日」を開催しました(11月12日)

久しぶりの天体観察会は天気もよく、月や金星、火星などたくさんの天体を見ることが出来ました。

また、入口付近ではおなじみの大山天文同好会・西田さんによる天体感測室も開催され、2日後にある「スーパームーン」についても詳しくお話ししてくれました。

クーデの日

天体観測室のクーデ式望遠鏡です。

クーデの日2

テラスでも天体観察をしました。

クーデの日3

この日望遠鏡で見えた月。
2日後がスーパームーンでした。

クーデの日4

西田さんの天体感測室も賑わっていました。

かんたん工作教室「どんぐり細工を作ろう」を開催しました(11月12日)

どんぐりに顔を描いたり模様をつけたりする工作をしました。どんぐりが丸くなっているので、顔を描く作業は少し難しかったですが、参加者は親子で協力して素敵な作品を作っていました。

また、どんぐりを二つ縦につなげて雪だるまを作る人もいて、個性的な作品がたくさんできあがりました。

どんぐり細工を作ろう

見本みたいに作れるかな。

どんぐり細工を作ろう2

白い部分は修正液で色づけしました。

このページの先頭へ

 

 

 

お問い合わせ

教育部 子ども科学館